天皇氏のこと

★はじめに

天照大神の御子神は『古事記』、『日本書紀』(日本書紀 巻第一 神代上 本文)では以下のごとくである。

天忍穂耳尊/天之忍穂耳命(アメノオシホミミ)
天穂日命/天之菩卑命(アメノホヒ)
天津彦根命/天津日子根命(アマツヒコネ)
活津彦根命/活津日子根命(イクツヒコネ)
熊野櫲樟日命/熊野久須毘命(クマノクスビ)

狹霧所生神、號曰正哉吾勝勝速日天忍穗耳尊。次天穗日命是出雲臣・土師連等祖也、次天津彥根命是凡川內直・山代直等祖也、次活津彥根命、次熊野櫲樟日命(日本書紀 巻第一 神代上)

狹霧所成神御名、正勝吾勝勝速日天之忍穗耳命。(省略)天之菩卑能命。(省略)天津日子根命。(省略)活津日子根命。(省略)熊野久須毘命。
天菩比命之子、建比良鳥命此出雲國造・无邪志國造・上菟上國造・下菟上國造・伊自牟國造・津嶋縣直・遠江國造等之祖也、次天津日子根命者。凡川內國造・額田部湯坐連・茨木國造・倭田中直・山代國造・馬來田國造・道尻岐閇國造・周芳國造・倭淹知造・高市縣主・蒲生稻寸・三枝部造等之祖也。(古事記 上巻)

そのうち、活津彦根命については、兄の天津彦根命と対の神名であり、一神を二神に分けた、あるいは、一神の表と裏の名と言うことで天照大神の御子神にしては後半生がはっきりしない神で『記紀』の原著作者の創作神として天照大神五男神に取り上げない説がある。但し、彦根市のウェブサイトでは<「彦根」の地名は、むかし天照大神の御子に天津彦根命(あまつひこねのみこと)、活津彦根命(いきつひこねのみこと)の二神がおられ、このうち活津彦根命が活津彦根明神として彦根山に祭られたことに由来している>と曰っている。彦根神社というのがあり活津日子根命を祀っているが古くは田中神社といい滋賀県神社庁によると詳細は不明とのこと。
熊野櫲樟日命についても、『日本書紀』第三の一書では「熊野忍蹈命(クマノオシホミ)またの名を熊野忍隅命(クマノオシクマ)」とあり、一説では天忍穂耳尊との音の類似性から天忍穂耳尊の再掲という。忍隅の隅の字にしても「スミ」と言い、「スミ」は「耳(ミミ)」にも繋がる語であり、即「トンデモ説」と言えるかは疑問だ。

いずれにせよ「活津彦根命」、「熊野櫲樟日命」はともに『記紀』には後裔氏族がなく、後からあれこれ言っているのは牽強付会の説かと思われる。どうしてこのようになったのかと言えば、中国の陰陽説に惑わされ、偶数(陰)、奇数(陽)となり、三(陽数)、五(陽数)と奇数を積み重ね、この後「皇祖高皇産靈尊」が出てくれば、七(陽)神となり後世の七福神のような神が出てくるのではないか。また、この天照大神と素戔嗚尊の誓約(うけい)の神話は女性の天照大神に男系の後継者をつけようとして本来の話をねじ曲げていると言う説もある。本来の話は天照大神の御子神は三女神、素戔嗚尊の御子神は五(あるいは三)男神であるという。
以上をまとめると、天照大神の御子神は三男神、素戔嗚尊の御子神も三女神で、天照大神の三男神、ことに、第一神の天忍穂耳尊の系統が皇室の始祖となったと思われる。とは言え、我が国の古代は『魏志倭人伝』の卑弥呼女王や台与女王のように実力のある女性が国政をリードしたようで、素戔嗚尊の三女神がまったく活躍しなかったかは疑問ではある。

★天忍穂耳命、天穂日命、天津彦根命はどこの氏族からの採取か。

1.天忍穂耳命
天忍穗耳尊の事績は少なく、系譜上のみの神となっている。その子の瓊瓊杵尊が日向国の高千穂峰へ天降(あまくだ)った。高千穂峰については、九州南部の霧島連峰の一山である高千穂峰(宮崎県と鹿児島県の県境)と、宮崎県高千穂町の双方に降臨の伝承がある。一応、瓊瓊杵尊の出身地は九州南部ことに現在の宮崎県と言うことになるのだろう。
しかし、九州一円を見渡しても天皇氏にまつわる一族としては火照(ホデリ)命海幸彦の子孫とされる隼人族と火遠理(オホリ)命山幸彦の天皇族がおり、天皇族の大族として「多氏(おおのうじ)」がいる。多氏は神武天皇の皇子で神八井耳命の子孫とされ、なぜか一族は中央豪族(多朝臣、意富臣、小子部連など。大和国十市郡飫富郷)、九州豪族(火君、大分君、阿蘇君、筑紫三家連など)、東国豪族(科野国造、道奧石城國造、常道仲國造など)などがあり、本貫の地は肥前国杵島岳付近ではないかと言うが、肝心の肥前国杵島岳がどこかは現在は不明である。阿蘇山にも杵島岳があり、別府市にも城島地名があるので、この場合の「キ=木、城など」は山のことか。また、火君の本拠が熊本県宇土市というのでそこいらあたりが多氏の本貫の地かとも言う。あるいは、肥の国が肥前、肥後とに分割される前(7世紀中)の混乱したときの地名で阿蘇山杵島岳のことか。おそらく多氏は肥国、筑紫国、豊国あたりの九州北部に本拠があったと思われるが、現時の学説ではこれらの伝承は記紀の仮託・創作とみられそのまま信ずることはできない、という。史実として認められるものとして、
『日本書紀』 天武元年(672)六月条 美濃国安八磨郡湯沐令「多臣品治」と言う人物が天皇の命により不破道を塞ぐ。
天武十三年(684)十一月条 多氏が朝臣の姓を賜った。
『古事記』上表文 和銅五年正月二十八日 太安万侶が『古事記』を撰上。
『出雲國風土記』 出雲郡少領大臣
『常陸国風土記』 大臣族黒坂命
平安時代に大和・信濃・陸奥・肥前などの諸国の多氏のことが諸書に散見する。
宮廷雅楽の多朝臣も同族で現在はこちらの多氏が存続しているとのこと。
全国にある大神社も多氏と関係のあるものとまったく関係のないものがある。関係のあるものとして、大神社(おおじんじゃ)(愛知県一宮市大和町於保)など。
私見で恐縮だが、天照大神の御子神の素案が構想されたのは古墳時代初期の頃かと思われ、瓊瓊杵尊が多氏と関係があるなら、火君の本拠とも言う多氏本貫の地「熊本県宇土市」の阿蘇ピンク石(阿蘇溶結凝灰岩)に関係があるのではないかと思われるが、一応、時代区分で以下のようになっているようだ。
(時代)4世紀末~5世紀 (産地)菊池川産阿蘇灰色石 (関係氏族)倭五王後半時代の河内の臣下氏族と吉備、四国の同族たち。例、兜塚 五世紀後半 奈良県桜井市浅古
(時代)5世紀~6世紀 (産地)宇土産阿蘇ピンク石 (関係氏族)継体、息長、三尾、三上関係氏族と藤井寺の氏族。例、今城塚 六世紀前半 大阪府高槻市
(時代)終末期  (産地)氷川産阿蘇石
以上より阿蘇ピンク石の石棺は天皇陵には使用されていないので(唯一使用は継体天皇)、多氏が大型古墳発生期早々に古墳造営に関与していたとは思われない。従って、瓊瓊杵尊のモデルとなるような氏族や人物はいなかった。瓊瓊杵尊は架空の人物か九州ではないほかの地域の人物をモデルにしたものと思われる。特に、火瓊瓊杵尊(ほのににぎのみこと)が本体の核心名で「ほ」とは稲穂を言うとなす説が多数のようで本来は農業神として創作されたものか。
こじつけもいいところで恐縮なのであるが、「火(ほ)」は字義通りに解釈し、「瓊瓊(にに)」は埴(はに)の「に」を繰り返したもので粘土、赤土(きめの細かい黄赤色の粘土。漢字では丹<に>とも書く。地名では丹生)を言い、土器の製造を表したものではないか。古墳で言えば埴輪製造と言うことになる。古墳の埴輪と言えば円筒埴輪が有名であるが、起源は縄文時代の埋甕(うめがめ)を地上に出したものか。尾張氏は古い氏族で古墳の円筒埴輪は尾張氏の創作になるものか。尾張氏の祖神は火明命と言うが実際は火瓊瓊杵尊で埴輪(土器)製造の神か。円筒埴輪の起源は吉備国と言うが、吉備国には備前国邑久郡には土師郷、須恵郷、尾張郷、備中国御野郡には出石郷、伊福郷、神社にも備中御野郡に石門別神社、尾針神社、尾治針名眞若比女神社、などがあり、これらは古墳築造者が住んでいたり、それらの人が祀った神社であり、大和国から派遣されて来た人たちが定住した土地であろう。おそらく吉備国の古墳造営力は言われるほどではなかったと思われる。ことに、土師郷、須恵郷、尾張郷とか尾針(尾張のことであろう)神社、尾治針名(尾張<埴輪>播磨<石材>のことであろう)眞若比女(読みは、「おじはりなまわかひめ」、「おはりはりなまわかひめ」)神社とかあるのは尾張国(氏)との強い結びつきを感じさせる。尾三地方は瀬戸物で有名で瀬戸市の土器は縄文時代からあるのであろうが、土師郷、須恵郷などと言っているのは古墳にも関係すると思われるので意外にも円筒埴輪の前身と思われる特殊土器類(特殊器台・特殊壺)も吉備の人の要望に応じ尾張(尾張氏発祥の地は大和説あり)の人が造ったものか。

2.天穂日命
天穂日命は名前の「ホヒ」を「穂霊」の意味として稲穂の神とする説と「火日」の意味として太陽神とする説がある。おそらく『記紀』の原著作者は、日本は「豊葦原の瑞穂の国 (とよあしはらのみずほのくに)」と言うことで天照大神の御子神等はみんな稲穂にちなんだ名前にしたかったのであろう。天忍穂耳尊とか天穂日命とか天津彦彦火(穂か)瓊瓊杵尊とかがある。一説によると、天穂日命は六甲山山頂に天降り、そこから出雲国の大国主命の降服を説得すべく出雲国へ出かけたと言うことなのだが、六甲山山頂は芦屋神社の奥宮で六甲山カンツリーハウス敷地内にストーンサークルや巨石がゴロゴロしているのは天穂日命の磐座と言う。もしこれが事実なら天穂日命はあまり稲穂と関係がないのではないか。天穂日命の関連神社が多いのは鳥取県で天穂日命神社、天穂日命の子・天日名鳥命を祀る天日名鳥命神社、御熊命を祀る御熊神社(正式には「阿太賀都健御熊命神社」という)がある。天穂日命は因幡国造氏の祖神という。あるいは、天穂日命は因幡国の国魂神だったのが『記紀』発刊の天照大神の御子神として取り入れたものか。
因幡国は石材が豊富だったようで、宇倍神社の神主家である伊福部氏の伊福部は石材業(石工)のことで、古墳の石室や石棺の工事を行ったと思われる。御熊神社社殿一帯にみられる玄武岩「御熊神社 玄武岩柱状節理(横型柱状)」は珍しいものであるとのこと。
出雲国造家と因幡国造家はともに天穂日命を家祖としているようだが、天穂日命は因幡国の出身(本家筋)と思われ、出雲国の天穂日命の子孫は出雲国が大国主命の系統が衰退し、その後に進出した一族と思われる。

3.天津彦根命

天津彦根命については、
『古事記』では、川内国造・額田部湯坐連・茨木国造・倭田中直・山代国造・馬来田国造・道尻岐閇国造・周芳国造・倭淹知造・高市県主・蒲生稲寸・三枝部造ら諸氏族の祖とする。
『日本書紀』では、凡川内直・山代直(・茨城国造・額田部連)らの祖とする。
比定の一例としては、
凡川内国造(河内国)、額田部湯坐連(大和国平群郡額田郷)、茨城国造(常陸国茨城郡)、倭田中直(大和国高市郡)、山代国造(山城国)、馬来田国造(上総国望陀郡)、道尻岐閇国造(陸奥国石城郡)、周芳国造(周防国)、倭淹知造(大和国城下郡)、高市県主(大和国高市郡)、蒲生稲寸(近江国蒲生郡)、三枝部造(播磨国のち甲斐国山梨郡)の祖。
しかし、神社の主祭神で見てみると、天津彦根命を主祭神とする神社として、
多度大社(三重県桑名市)
桑名宗社(三重県桑名市)(桑名神社 主祭神・天津彦根命、(子)天久々斯比乃命。中臣神社 主祭神・天日別命)
額田神社(三重県桑名市)(主祭神・意冨伊我都命 天津彦根命ノ御孫ニシテ額田部連ノ御祖神)
竹田神社(滋賀県東近江市鋳物師町)
藍那天津彦根神社(兵庫県神戸市北区)
少部天津彦根神社(兵庫県神戸市北区)
王子神社(徳島県徳島市)
室津神社(高知県室戸市)
とあり、『記紀』の子孫の分布とは趣を異にする。神社は三重県桑名市一円、神戸市北区の一部、四国に偏っている。ことに多度大社の説明では、
「多度大社
天津彦根命(天照大神の第3子)を主祭神とする。天津彦根命は当地の豪族・桑名首(くわなのおびと)の祖神である。境内には天津彦根命の子である天目一箇命を祀る別宮・一目連神社があり、本宮とともに<多度両宮>と称される。社伝では、雄略天皇の御代の創建と伝える。古代には、社殿背後の多度山を神体山としていた。」という。この地方神とも言うべき神が如何にして天皇氏の系図に取り入れられたのであろうか。また、天津彦根命の天降り先としては、
吉田東伍博士の地名辞書によると、彦根という名は、「犬上の県主の祖、天津彦根命を祀った山の名から出たとし、その彦根命はこの山に降臨したのだ」とあり、また、「近江輿地志略」には「金亀山(こんきざん)に活津彦根命降臨ましますによっての故也」とあります。 また、ウェブサイトでは「彦根城が建っている金亀山は、天津彦根命(あまつ・ひこねのみこと)が金の亀に乗って降りられた場所で、これが彦根の地名の由来にもなっています。」という人もいる。いずれも失礼ながら付会の域を出ない説と思われるが、彦根の地名はそんなに多い地名ではないので当たらねど遠からずかもしれない。
桑名市の遺跡について調査により確定的なものは、
「中縄遺跡は古墳時代の貝塚としては東海地方では最大級の規模のもので、 6世紀の約100年間に堆積した大量のカキは、 一般的な集落に伴うものではなく貢納を目的としたものと考えられる。
また、遺跡近郊では採ることのできない外海岩礁性のサザエの出土は、 伊勢湾沿岸での 広範囲の交易を想定することができる。
以上のように、遺構の規模や、バラエティに富んだ出土遺物、 また遺存状態の良好さなどから中縄遺跡は東海地方を代表する貝塚遺跡であるといえる。」
「桑名の古墳時代は、北伊勢最大規模の前方後円墳である高塚山古墳(桑名市大字北別所・4世紀末から5世紀初頭築造)や、 止山古墳(桑名市大字桑部・破壊されて存在しない)などの古墳がつくられていることから、 かなり栄えていたことがわかります。」
一応、天津彦根命の中央の有力豪族として「額田部連」が『記紀』に挙げられているが、額田部氏ははっきりしない氏族で①額田部皇女(推古天皇)の養育係②馬飼③製鉄・鍛冶等が挙げられている。「額田」の意味は「泥濘(ぬかるみ)」で湿地と思われる。従って、前述した三種の職業には不適と思われ、農業特に水田稲作に関係した氏族ではなかったか。天忍穂耳命とか火(穂)瓊瓊杵尊とか天穂日命とか「農は国の財」とばかりにその種の神名を冒頭に連ねているが、朝廷内部の執行部にあってはより金になる古墳築造業に傾いていたのであろう。

★まとめ

天皇氏が奈良盆地の地域領主であった頃、現在の近畿地方をまとめていたのは大伴氏であっただろう。大伴氏は出雲国をはじめ伯耆、因幡等の山陰道をはじめ、山城、大和等の畿内、紀伊、淡路、阿波等の南海道等に多くの知己がいて広域ネットワークを築いていたのであろう。そこにひょんなことで知り合った天皇氏が頻繁に大伴氏を訪ねるようになり、大伴氏にいろいろな知恵を授かっているうちに天皇氏が墳墓ビジネスを始めだした。当初は奈良盆地の狭い商圏で創業したが、大伴氏が腕のいい下請けを紹介してくれ後ほど天皇氏の下請け御三家となる、天火明命(土木業)、天穂日命(石材業)、火瓊瓊杵尊(窯業)が活躍し、当初、参考作品として築造した「箸墓古墳」が非常に好評で、注文がポツポツと来るようになった。この墳墓は有償で築造されるもので、天皇氏も徐々に経済力がつき大伴氏と比肩するようになった。大和国の経済基盤が整うと天皇氏は国家組織の整備に乗り出し、『魏志倭人伝』にみられるような「大官」「官」「副」とかがあり、意味が不明ながらも「伊支馬」「彌馬升」「彌馬獲支」「奴佳鞮」と後世の四等官のようなものがあったのだろうか。ほかに「大倭」や「大率」の官名もあり、邪馬台国(天皇氏)発足の当初より複雑な組織運営を行っていたようだ。大伴氏らしき名が見当たらないので、当時はまだイコールパートナーだったのだろうか。大伴氏と天皇氏の格差が見え始めるのは応神天皇時代の「朝鮮出兵」からで、それまでの「戦争と言えばまず外交交渉から」と言う、『古事記』によく出てくる「言向け和す」の法理が通用しなくなってからで、戦争即武力闘争となってからと思われる。大伴氏はそれにはよくついていったが、なんと言っても戦争は消耗産業であり資源に乏しい我が国向きの産業ではないと考えたのではないか。王朝最盛期には資源を浪費し、王朝の衰退ここに始まると言うことか。

広告
カテゴリー: 歴史 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中