銅鐸について

★はじめに

銅鐸の起源にはおおむね二説がある。
①我が国の畿内が発祥地であるとする説。素材の銅につき1.日本列島産出説。2.朝鮮半島由来説があり、半島からはインゴッド輸入説と銅剣・銅矛改鋳説がある。
②外来説。外来地には二説があり、1.朝鮮半島経由説、2.中国上海説がある。

①の畿内発祥説の根拠はこの種の祭器ないし楽器等は東アジアにない、と言うもののようである。これに対し、外来説は家畜の首につけられたベル(鈴)が朝鮮半島経由で日本に伝わり、大型化して様々な文様が施されるようになった(多数説)、とするようである。中国上海伝来説は近時の説で「中国江蘇省無錫市にある春秋戦国時代(紀元前770-同221年)の地方国家、越の貴族墓から、日本の弥生時代の銅鐸(どうたく)に形が似た青磁器の鐸がこのほど出土した。南京博物院考古研究所の張敏所長は、鐸が中国南部の越から日本に直接伝わった可能性があると指摘している。」(四国新聞2006/02/09 16:41)と言うが、日本ではあまり支持されていないようである。しかし、稲作技術は中国南部の長江沿岸で発達したものであり、日本に上海から直接入ってきたとしても何ら不思議はない。稲作の適不適を考えるならば朝鮮半島の寒帯、亜寒帯よりは上海の温帯地域から導入したと考える方が尋常であり、また、鐸も鈴がデフォルメされたと考えるより、はじめから鐸として入ってきたのではないか。遺物の鈴や小型銅鐸だが、それらが現在我々が銅鐸と言っているものと繋がるかは検討を要する。あまりに発掘例が少なく弥生人が鈴から一挙に銅鐸へデフォルメしたと考えるのは不自然ではないか。弥生時代にせよ古墳時代にせよ前の時代とのつながりが薄い発生時より完成度の高い文化なり時代であったと思う。
銅鐸の発生と終焉それに使用目的についても諸説がある。
発生では発生地が日本の畿内でその鋳造地も大阪府茨木市東奈良遺跡、奈良県磯城郡田原本町唐古・鍵遺跡が銅鐸の鋳造センターになっていたと考えるもののようである。九州でも佐賀県鳥栖市安永田遺跡で銅鐸の鋳型と佐賀県神埼郡吉野ヶ里町と神埼市にある吉野ヶ里遺跡から同鋳型から鋳造されたと思われる銅鐸一個が出土したが、出雲にも同鋳型から鋳造したものと思われる銅鐸(福田型)があり、安永田遺跡では山陽・山陰から銅鐸の受託生産を行っていたのではないか、と言う説もある。吉野ヶ里遺跡から出てきた一個は参考作品として安永田に置いていたものが吉野ヶ里に渡ったと言うことか。出土品が一個、二個では九州北部で銅鐸が使用されていたとは言いきれないと思われる。また、小銅鐸(朝鮮半島製、日本製)や鈴が銅鐸の祖型と言えるかどうかも不明。「朝鮮半島や中国の小銅鐸という素型になるものと、日本の一番古い銅鐸との間にもものすごく違いがあります。」と言いながら、「いずれにしても銅鐸の起源の一つはもちろん朝鮮半島の小銅鐸でしょう。」と矛盾したようなことを言っている人がいる。九州の小銅鐸が本州に来たら一挙に大型になったと考えるのはいかがなものか。また、銅鐸は弥生時代の所産なので何でも朝鮮半島あるいは長江流域から九州北部に一旦上陸し日本に入ってきたと考える向きがある。しかし、「型式および伴出土器から最古の時期を導き出せたのは,愛知県朝日遺跡出土鋳型<2004年12月、紀元前3〜同2世紀(弥生時代中期前半)の石製の銅鐸鋳型が出土した。銅鐸の中でも最古級の「菱環鈕(りょうかんちゅう)式」>である。」(国立歴史民俗博物館研究報告 第185集2014年2月「弥生青銅器祭祀の展開と特質」吉田 広)という見解もある。

★銅鐸の来た道

一説によると、「中国、朝鮮半島、日本列島の水稲在来品種250種のSSR多型を調べてみると、8つの変形版が見つかった。これらには小文字のaからhまでの字があてられる。」要するに、水稲には8種類(8遺伝子)あり、aからhまで名付けられている。中国には8種類全ての変形が存在し、朝鮮にはbを除く7つが存在するのに、日本の品種の多くはaまたはbに限られている。
8遺伝子のうちb遺伝子が朝鮮半島の在来品種の中に見つからない。にもかかわらず、中国と日本には高い割合で分布している。おそらく過去には、中国大陸から直接日本へ到達するモノの流れがあり、b遺伝子を持つ水稲もそのルートを経てきたものと思われる。また、a遺伝子は中国ではそんなに高頻度では分布しないが、朝鮮半島と日本列島には高い頻度で分布する。この遺伝子は朝鮮半島を経てきたと推測できる。
以上を結論づけるなら、日本の水稲は中国から直接渡ってきたものと、朝鮮半島を経由して渡ってきたものがあるということになる。何か折衷案のような感じもするが科学的見解なのであろう。但し、上記説はaもbも中国から渡ってきたかもしれないという推測には言及していないので少しばかり疑問ではある。
「SSRの多型を調べてみたら、意外にも日本列島に渡ってきた水稲が小さな集団でしかなかったことがわかる。(科学者の見解)弥生時代に、多量の水稲が水田耕作の技術とともに渡来したという従来の史観(考古学者、歴史学者の見解)には大きな疑問が生じる。」、と言う対立した意見がある。
また、「日本における稲の遺伝子分布ではa遺伝子は関東東北で多く、b遺伝子は西日本で多い」、と言う見解もある。
こういうところから見ても、日本には二派の稲作民の到来があったと思われるが、現在の中国、朝鮮半島、日本の稲の遺伝子を考察し、渡来ルートを決めるのか、はたまた、中国、朝鮮半島の稲の遺伝子の分布地域を調査し、渡来ルートを推測するのかは解らないが、たんにa、b、c、を調べるだけでなくDNAの内容をも調べなければならないのではないか。
それに古代の稲作は今ほど合理化が進んでいなかったらしく、収穫量も少なく、米は現在の惣菜程度の用途という説もある。
ところで、「銅鐸の来た道」だが稲とは一緒ではなかったらしく、銅鐸の出現は一般的に弥生時代中期前半とされている。銅鐸の用途と相まって何が原因で出現したかははっきりしない。また、日本発祥説には根強いものがあり、しかも、発見場所が山陽、山陰、近畿、東海などいわゆる『魏志倭人伝』の邪馬台国の版図とするならば、倭国の統一とも絡んで出現したものか。稲の遺伝子をそろえるのに200年かかり、田植えの時期や収穫の時期が統一されたのは弥生中期でその頃から本格的な豊作祈願祭や収穫感謝祭が行われるようになったのか。その祭典で銅鐸が使用されたとも考えられるが、水田稲作が盛んだったと思われる九州が銅鐸圏に入っていないと言うことはどういうことなのだろうか。日本の稲作技術には二流があり九州流と本州・四国流とも言うべきもので後者が宗家穂積氏の元で隆盛を誇ったが、水田稲作技術が全国的に行き渡ると穂積流は各亜流に押されて衰退に転じたのではないか。銅鐸の音もうるさくて真っ先に処分の対象になったのではないか。

★銅鐸の用途

銅鐸の用途には諸説がある。以下、有力な説を取り上げてみると、
1.豊作や集落の安全を祈る祭祀(さいし)に使われたとみられるが、時代とともに利用法が、音を鳴らした「聞く銅鐸」から「見る銅鐸」に変化していったとされる。
2.弱肉強食の狩猟生活から、脱穀と高床倉庫に象徴される農耕生活へと移ったことを回想(香川県出土と伝えられる銅鐸の両面に描かれた12カットの絵画から)したもので、銅鐸は秋の収穫祭のときに祖先をたたえるために鳴らしたもの。
3.銅鐸は豊作を祈願する祭りに祖先の霊を招くために鳴らしたもの。(銅鐸の画題はシカ、ヒト、サギがトップスリーで、これらの画題がいずれも、水田稲作に深く結びついていることによるという)
4.銅鐸の大型化は豊作祈願の祭器から政治権力のシンボル的な神器へと変化した。
以上を要約してみると、銅鐸は祭器で王権の象徴としての神器(レガリア)ではなかったようだ。論者によっては豊作祈願祭とか収穫祭いずれか一方に限定する見解もあるが、庶民の祭礼の祭器と解するならば水田稲作に関わるすべての行事に使用されたのではないか。

★まとめ

銅鐸の鋳造センターとしては大阪府茨木市東奈良遺跡と奈良県磯城郡田原本町唐古・鍵遺跡が著名である。いずれの地域にも関係氏族として穂積氏がいる。茨木市には現在でも上穂積、下穂積、穂積台、西穂積町の地名がある。奈良県田原本町には「穂積氏の遺称地・奈良県磯城郡田原本町保津は弥生時代の唐古・鍵遺跡の南西近隣に位置し、鈴木眞年の『史略名称訓義』では、饒速日命の子・宇摩志麻遅命は大和国十市郡に居て天皇に天瑞宝を献じ、この正統は同郡穂積里に居て穂積の姓を負いそれより物部氏などが分かれたとし、物部氏族の正統は穂積氏としている。」(Wiki「穂積氏」)とある。また、穂積氏は水田稲作の人材育成にも貢献大なりと見えて、全国にも穂積郷がある。即ち、「摂津国島下郡穂積郷」「播磨国賀茂郡穂積郷」(近畿式銅鐸の発祥地か)「尾張国丹羽郡穂積郷」「美濃国本巣郡穂積郷」(ややずれるが三遠式銅鐸の発祥地か)である。九州にはない。 銅鐸と穂積氏を無理に結びつけるものではないが、銅鐸の末路が突発的であったようで、諸説があるようだ。
安本美典教授の解釈
*銅鐸祭祀を、早急に廃止し、銅鐸をいっしょに埋めなければならないような事情が生じた。

そのような事情とは、外部勢力による征服であろうと考える。
*銅鐸は、銅剣や銅鉾に匹敵するほど、はっきりとした、そして、宗教的な意味をもつ製作物である。それが、古伝承に、痕跡をとどめていない。

これは、古伝承が、銅鐸中心の文化圏、すなわち、畿内において発生したものではないことを物語る。

それとともに、銅鐸をもつ大和の先住民が、三世紀の後半に、九州からきた神武天皇によって減ぼされたのであろうとする推測を、支持するものと思われる。
*一度に、合計の重量が、260キログラムもある銅鐸がみいだされた例がある。それは、青銅の素材としても、魅力あるはずのものである。・・・廃棄するよりも、鋳直して利用することを考えるのではなかろうか。
*邪馬台国が銅鐸文化圏の大和にあったとするならば、「倭人伝」に記されている北九州の糸島付近からも、とうぜん銅鐸が発見されてよいはずである。しかし事実はそうではない。

#「銅鐸祭祀を、早急に廃止し、銅鐸をいっしょに埋めなければならないような事情」即ち、大和の先住民が神武東征により滅ぼされたというのであろうが、神武東征があったと仮定しても大和の先住民で神武天皇に滅ぼされたのは長髄彦であって、饒速日命→宇摩志麻遅命→穂積氏の本流には関係はない。長髄彦が山陽、山陰から三遠地方までを支配した痕跡はない。穂積(物部)氏はその後も存続しており、神武東征があったかどうかも怪しい。
#「銅鐸は、銅剣や銅鉾に匹敵するほど、はっきりとした、そして、宗教的な意味をもつ製作物である。それが、古伝承に、痕跡をとどめていない。」お説はごもっともかもしれないが、祭器や神器にはランクがあるようで、「八咫の鏡と草薙の剣の二種の神宝を以て皇称に授け給う、永く天璽(アマツシルシ)と為す。所謂神璽の剣鏡是也。矛・玉自ら従う」(古語拾遺)とか「今以絳地交龍錦五匹 絳地縐粟罽十張 蒨絳五十匹 紺青五十匹 答汝所獻貢直 又特賜汝紺地句文錦三匹 細班華罽五張 白絹五十匹 金八兩 五尺刀二口 銅鏡百枚 真珠鈆丹各五十斤」(『魏志倭人伝』)とか言って、『古語拾遺』では「八咫の鏡と草薙の剣」即ち、「鏡」と「剣(刀)」が神宝であり、『魏志倭人伝』では「金八兩」「五尺刀二口」「銅鏡百枚」即ち、「金塊」「刀」「鏡」が神宝になりうると思われる。九州に多い銅矛や銅戈、中国地方以東の銅鐸はこの神宝の中には入っていないのである。卑弥呼女王の答礼品は生口・倭錦・絳靑縑(こうせいけん)・緜衣・帛布・丹・木付・短弓矢とあり金属製品はない。銅矛、銅戈、銅鐸等は日本では庶民階層の祭具ないし武具ではなかったか。
#「一度に、合計の重量が、260キログラムもある銅鐸云々」とあるが、これは廃棄ではなく埋納のことだろう。日本では古くから金属を地中に直接埋めることが多かったようで、素戔嗚尊が出雲国で八岐大蛇を退治した時に、大蛇の尾から見つかった天叢雲剣や志賀島の金印は土中に埋められていたものとする説がある。
#「邪馬台国が銅鐸文化圏の大和にあったとするならば、「倭人伝」に記されている北九州の糸島付近からも、とうぜん銅鐸が発見されてよいはずである。」と。伊都国王は九州の人であって畿内の人ではない。卑弥呼女王も伊都国王も銅鐸は知らなかったと思われる。伊都国王は銅鐸をもらったら早速鋳つぶして銅矛にでもしたのではないか。畿内上層部で銅鐸を知っているのは銅鐸を主導した穂積氏だけか。

ほかに滋賀県野洲市のウェブサイトに、
「また、近畿式銅鐸に限って破片で見つかるものがあります。また、野洲市大岩山1962年4号鐸は故意に双頭渦紋が裁断されています。近畿式銅鐸の終焉には、故意に壊されて破棄されたものや、飾耳を裁断して銅鐸を否定するような行為が行われています。銅鐸が前世の共同体を象徴する祭器であり、新たに台頭した権力者にとっては、邪魔な異物となったのです。」とある。

我が国では物が用途を終えて捨てられる場合、再利用を防ぐためか理由は不明ではあるが壊して捨てることがある。現在でも公有物品を捨てる際、壊したり、無効等の印を押したりして捨てるのではないか。有名な土偶につき、富山市埋蔵文化財センターのウェブサイトでは「土偶のまつりはムラの広場や聖なる場所で行われたと考えられます。“まつり”で土偶を壊した後、まつりの参加者は壊された土偶の一部をそれぞれ持ちかえり、廃屋になった住居の窪みやムラの各所に納めたりしました。あるいは自分の住居の中に埋めたり、そのまま置いたりもしていたようです。・・・土偶は“捨てる”のではなく、聖なる場所に土偶を“送る”といった縄文人の意識を反映しているとされています。」260キログラムには遠く及ばないものの土器や石器が壊されて捨てられると言うことは多かったようである。

以上を総括すると、青銅器の土中保管とか土中埋納というのは青銅器が多かったところにはどこにでもあり、銅鐸の専売特許ではない。場合によっては、使わなくなった青銅器を土壙的発想で埋葬したのかもしれない。それを政治的二大勢力の対立とか神武東征とか勝者敗者に分けて敗者の所産ないし遺物という見解もあるが、考えすぎで銅鐸だけに注視しているからだろう。銅鐸は集落の農業祭で使われたものだったようで「国家権力の保護のもとに、祭器として、銅鐸の伝統と記憶とを、温存させてよい」というのも大げさではないか。畢竟、銅鐸は穂積氏が導入、かつ、主導して使用したものであり、穂積氏の衰退とともに大多数の人には忘れ去られたと言うことかと思う。

広告
カテゴリー: 歴史 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中