鬱あるいは内氏について

★はじめに

日本の歴史で「内」氏で有名なのは、1.武内宿禰 2.山代内臣 3.内色許男命がよく知られているが、いずれも孝元天皇にまつわる人で、『古事記』で関係部分を抜粋してみると、

1.武内宿禰
「此天皇 娶穗積臣等之祖 内色許男命妹 内色許賣命 生御子 大毘古命 次少名日子建猪心命 次若倭根子日子大毘毘命 【三柱】 又娶内色許男命之女 伊迦賀色許賣命 生御子 比古布都押之信命」 とあって、
「又(比古布都押之信命)娶木國造之祖宇豆比古之妹 山下影日賣 生子 建内宿禰」

2.山代内臣
「比古布都押之信命娶尾張連等之祖意富那毘之妹 葛城之高千那毘賣 生子 味師内宿禰【此者山代内臣之祖也】

3.内色許男命
「穗積臣等之祖 内色許男命」

以上をまとめると、孝元天皇の皇后は内色許男命の妹(内色許賣命)とあって、天皇と皇后の間の皇子の名には「内」の文字はない。少名日子建猪心命を除いては天皇家直系の子孫と言うべきである。また、孝元天皇には内色許男命の女<伊迦賀色許賣命>(伊迦賀色許男命という兄がいる。但し、『先代旧事本紀』天孫本紀では弟)と言う妃があって、二人の間には比古布都押之信命と言う皇子がいた。
比古布都押之信命は、まず、尾張連等之祖意富那毘之妹 葛城之高千那毘賣をめとり味師(うまし)内宿禰【此者山代内臣之祖也】を生んだ。
次いで、木國造之祖宇豆比古之妹 山下影日賣をめとり建(たけし)内宿禰を生んだ。

現代の観念で言うと、内色許男命に後継者となるべき男子がいなくなったので、外孫である比古布都押之信命との話し合いの結果、味師内宿禰と建内宿禰を養子としてもらい受けたものであろう。

但し、『日本書紀巻第四孝元天皇・開化天皇』では若干様相が違い、以下のごとくである。
(孝元)「立鬱色謎命爲皇后 后生二男一女 第一曰大彦命 第二曰稚日本根子彦大日日天皇 第三曰倭迹迹姫命 【一云 天皇母弟 少彦男心命也】 妃伊香色謎命 生彦太忍信命 彦太忍信命 是武内宿禰之祖父也」
(開化)「母曰鬱色謎命 穗積臣遠祖鬱色雄命妹也 立伊香色謎命爲皇后 【是庶母也】 后生御間城入彦五十瓊殖天皇」
(崇神即位前記)「御間城入彦五十瓊殖天皇 稚日本根子彦大日日天皇第二子也 母曰伊香色謎命 物部氏遠祖大綜麻杵之女也」
両書の目立った違いは 1.『孝元記』では天皇と内色許賣命皇后との間には、大毘古命、少名日子建猪心命、若倭根子日子大毘毘命の三男なのに対し『孝元紀』では、大彦命、稚日本根子彦大日日天皇、倭迹迹姫命の二男一女となっている。孝元天皇の同母弟に少彦男心命(少名日子建猪心命と同一人物か)がいる。 2.伊香色謎命皇后の父が『古事記』では穗積臣等之祖内色許男命、『日本書紀』では物部氏遠祖大綜麻杵となっている。孝元、開化の御代は物部氏などというのは存在せず、崇神天皇の時代に台頭したと言うことか。文献上で物部氏が現れるのは伊迦賀色許男命の子とされる物部大新川、物部十千根以降である。 3.『孝元記』 では、比古布都押之信命の御子は味師内宿禰と建内宿禰であるが、『孝元紀』では彦太忍信命の孫に武内宿禰がいる。
一般に、内氏の本貫地は大和国宇智郡で、ほかの宇智郡・郷(例、山城国綴喜郡宇智郷、山城国宇治郡宇治郷、摂津国八部郡宇治郷など)は内氏の経由地と言う。さすれば、孝元天皇や内氏は大和国宇智郡(現・奈良県五條市)に関係のある人なのか。
ところで、『記紀』の孝元、開化の条を見ていると兄と妹との組み合わせが多い。内色許男命(兄)と内色許賣命(妹)、伊迦賀色許男命(兄)と伊迦賀色許賣命(妹)、(尾張連等祖)意富那毘(兄)と葛城之高千那毘賣(妹)、(木國造祖)宇豆比古(兄)と山下影日賣(妹)が拾えるが、男女共同統治の時代にあっても女性は適齢期になると他家へ嫁いだようだ。内色許賣命、伊迦賀色許賣命、葛城之高千那毘賣、山下影日賣はいずれも皇子の母となっている。邪馬台国の卑弥呼女王も物故した夫がいて女王の跡を継いだ男王は女王の息子か、と言う見解もある。

★鬱(うつ)と内(うち)

ウツシコオやウツシコメのウツは『古事記』では<内>と表記し、『日本書紀』では<鬱>と表記されている。<内>の読みも(うち)ばかりでなく(うつ)とルビを振ってあるものも結構多い。鬱も内も同じとする説が有力ではあるが、一応、ウツとウチは発音ばかりか意味も違うと言う見解があるので代表的な意味を少し検討してみる。

鬱は、万葉かな風に書くと宇津とか宇都となり、意味としては「ウツとは、いわゆる、ウトウ型の谷のことで、両側に山の迫った狭く長い谷」のことを言い、場合によっては「地溝状の狭い谷」「小さい谷」「袋状の谷」を言う。畿内では丹波国(山陰道に属する)桑田郡有頭郷(京都市右京区京北下宇津町)、京都市右京区太秦(うづまさ)、寝屋川市太秦(うづまさ)など。「ウヅマサ」は古く「ウツマサ」と言ったようである。そのほかに、
【うつ】ウチ(内)の転。ウツ(空)で、空洞の意。鹿などの獣が常に通う道(方言:東京小河内ほか)。オツ(越)の転。ウツ(打つ)、または、ウツ(棄)で、崖などの崩壊地形。山と畑とのとの境の入口(方言:伊豆大島)
【うず】ウズ(渦)で、「川の乱流する様子」。淀み(よどみ)(方言:大分)。峡谷の淵(方言:高知県土佐郡)。動詞ウヅム(埋ム)の語幹で、土砂で埋もれたところ。ウヅ(珍)で、高貴、珍貴の意。

内は、意味としては「外に対する内で、内側の地形」が主意のようである。例えば、河内なら河流に沿った河内の平地のあるところをいう。また、山中で河流に沿った小平地。畿内では山城国綴喜郡宇智郷(京都府八幡市内里内、木津川の川内の小平地。垣内の地名もある)、山城国宇治郡宇治郷(京都府宇治市宇治乙方)、山城国久世郡宇治郷(織豊期以降。宇治市宇治)など。
そのほかに、
【うち】内(ウチ)で、「内側」の意。特に、「入り込んだ地形」「山谷の小平地」。入江、入海の湾内(方言:大分県北海部郡日代)。縁(ふち)の転。打(うち)で、崖などの「切り取られたような地形」。落(おち)の転。鹿、猪などの通る道(方言:奈良県吉野郡など)。ウナ・チ(接尾語)の略か。
一応、『和名抄』刊本郡部は「宇治郡」を「宇知」と訓じているので、往古(欠史八代の時代)は山城国宇治郡から河内国茨田郡あたりをウチ(内)と言っていたのではないか。もちろん、意味としては淀川、宇治川の内(うち)と言うことかと思われる。従って、『記紀』に多少の違いがある続柄については『古事記』の出典の方が堅いもので内容も正しいと思われる。但し、『古事記』も「内」を「うつ」と訓じているようだ。しかし、周りの地名が山城国綴喜郡宇智郷とか山城国宇治郡宇治(宇知か)郷と言っているのに、内をウツと言うのはおかしい。特に、「鬱」と言う漢字は今も昔も気分が鬱(ふさ)ぐ、の意味ではないのか。あるいは、八幡市内里は周辺を濠の跡らしき小川が取り囲む、いわゆる環濠集落となっている、と言う見解もあるので、環濠の「内」という意味か。

★伊迦賀色許男命のこと

『新撰姓氏録』には畿内に五十氏近くの伊迦賀色許男命の末裔と称する氏族が列挙されている。一般に、伊迦賀色許男命は穂積氏の祖であるとともに物部氏の祖でもあるといわれ、『新撰姓氏録』作成とは直接関係はないが、蘇我氏台頭のみぎり、その祖を創設する際に「建内宿禰之子并九【男七 女二】」とし、その後裔二十七氏が『古事記』に列挙されている。無論、これに対して物部氏は対抗措置としてその祖と称する伊迦賀色許男命の後裔として畿内の中小豪族を説得し物部氏陣営に引き入れたのではないか。大豪族でさえ由緒来歴が不確かなのに中小豪族に至っては二、三代くらい遡るのがせいぜいだったのではないか。蘇我馬子はそれを苦々しく思ったであろうが、自分も自分で人のことは言えないので黙認したのであろう。そのことが反映されたのが後世の『新撰姓氏録』ではなかったか。なかには、『新撰姓氏録』の大和国皇別「布留宿祢」の記事中に「斉明天皇御世。宗我蝦夷大臣。号武蔵臣物部首并神主首。因欠失臣姓為物部首」などと訳のわからぬ文言が見えるが、布留宿祢は蘇我氏からも物部氏からもお声がかかりご先祖の記憶がこんがらがってしまったのであろう。
内色許男命と伊迦賀色許男命の関係だが、『古事記』では前者は後者の父親である。内色許男命とか伊迦賀色許男命と言うのは当時はまだ名前だけであって現在で言う苗字の方はなかったのであろう。内色許男命は淀川水系最大の川部で現在の京都府八幡市内里内を本拠に淀川を頻繁に上ったり下ったりしていたのであろう。淀川の要所要所には集落があり、内色許男命の邸宅があったのであろう。各邸宅には内色許男命が来訪したら身の回りの世話をする女性がいたと思われる。現在の大阪府枚方市伊加賀で生まれたのが伊迦賀色許男命ではなかったか。
伊迦賀色許男命は、一応、崇神天皇の伯父となっており、『日本書紀』(『古事記』も同様な内容)には、

崇神七年秋八月 「乃卜使物部連祖伊香色雄 爲神班物者 吉之 又卜便祭他神 不吉」(乃ち、物部連の祖(おや)伊香色雄をして、神班物者(かみのものあかつひと)とせむと卜ふに、吉し。又、便に他神を祭らむと卜ふに、吉からず。)
崇神七年十一月 「命伊香色雄 而以物部八十平瓮 作祭神之物」(伊香色雄に命(みことおほ)せて、物部の八十平瓮を以て、祭神之物と作(な)さしむ。)
と二箇所に出てくる。

これだけを見ると伊香色雄は何か祭事の舞台設定をする人のように見え、後世の忌部氏にも似た職掌ではなかったか。伊迦賀色許男命は実父の内色許男命とは違い父が旺盛な行動力(支配地が広かったと思われる)のためか後継者難で悩まされたのに対し、神事に携わっていただけに安定した後継者に恵まれたと言うことかと思われる。なお、『先代旧事本紀』天孫本紀には『日本書紀』崇神七年条と『新撰姓氏録』(布留宿祢・記事)を合わせたようなことを書いてある。後出しじゃんけんのようなもので資料としてはいかがなものか。また、伊迦賀色許男命の実父についても『日本書紀』『先代旧事本紀』は物部氏の遠祖、大綜杵としているが、『古事記』では穗積臣等の祖、内色許男命とある。当時はまだ物部氏は台頭していなかったと思われ後者が正ではないか。物部氏は何でもわめき立てれば自分の思い通りにコトが進むと考えたのであろうが、大伴室屋には通じたかも知れないが蘇我馬子には通じなかった。無学・無教養の者が国政に参画するのはだめ、と馬子は断を下したのではないか。

★まとめ

まず、「内氏(うちうじ)」だが、武内宿禰、山代内臣(味師内宿禰)は兄弟なのだろう。武内宿禰の子孫は『新撰姓氏録』によれば畿内にあまたいることになっているが、味師内宿禰の子孫は、
大和国 皇別 内臣 臣 孝元天皇皇子彦太忍信命之後也
大和国 皇別 山公 公 内臣同祖 味内宿祢之後也
とあって、味師内宿禰の後裔は山城国にではなく大和国にいたようだ。これは味師内宿禰の母堂が葛城之高千那毘賣と言い武内宿禰の母堂が木國造之祖宇豆比古之妹と言い、いずれも現在の奈良県御所市や和歌山県和歌山市を基盤にした氏族と思われ、どう見ても現在の京都府八幡市とは接点がないと思われる。これに対し、内色許男命はおそらく現在の京都府八幡市内里内を本拠地として活躍した川部ではなかったか。それに、内・宇治という地名の領域も山城国宇治郡宇治郷、山城国久世郡宇治郷、山城国綴喜郡宇智郷などかなり広く設定されていることなどを考え合わせると山城国南部から河内国北部にかけて内国(うちのくに・うちつくに)とでも言う国があったのではないか。
内国の王・内色許男命には『記紀』に記載されている外孫の味師内宿禰と武内宿禰以外に嫡流の男子後継者がいたのではないか。『先代旧事本紀』的に言うと「宇摩志麻治命の五世孫-鬱色雄命、六世孫-武建大尼命、鬱色雄大臣之子」の直系の子孫と言うことで、その嫡流の内氏はその後没落し一介の地方豪族となったが『記紀』の原作者は山代内臣として味師内宿禰を始祖としたのだろう。以上を要約すると、内氏には 1.内色許男命の子孫(山城国綴喜郡宇智郷) 2.味師内宿禰の子孫(大和国宇智郡) 3.武内宿禰の子孫(大和国葛上郡、葛下郡)の三派があったのではないか。武内宿禰を増広、潤色したのは蘇我馬子か。それぞれの内氏が血縁関係にあったのかは疑問ではある。
伊迦賀色許男命は『古事記』では穗積臣等之祖 内色許男命の子であり、『日本書紀』では物部氏遠祖 大綜麻杵の子となっており、おそらく、大綜麻杵、伊迦賀色許男の系譜は蘇我氏の武内宿禰に倣った創作とも言うべきもので、大綜麻杵、伊迦賀色許男は物部氏が穂積氏の系図に押し込んだ偽系図とも言うべきものである。ここから物部氏の架空の氏族とも言うべきものが始まったのではないか。繰り返すが、伊迦賀色許男命は実在の人物で内色許男命の子息ではなかったか。

 

広告
カテゴリー: 歴史 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中