高天原はどこか

はじめに

高天原の語は読みがはっきりしないらしく、有力説としては「たかあまはら」と「たかまがはら」があり、一般的には「たかまがはら」と読まれているが、こちらの説は歴史的には新しい説らしい。その意味するところは「天上界にあって、天津神々が住む世界」とされる。天照大神は伊弉諾尊に高天原を治めるよう命じられた。難癖を付けるわけではないが、「天」という言葉を使いながら、どうして「高」とか「原」の地上界の言葉を付加するのか。天なら天とその種の言葉を使ったらいいのではないか。例えば、「天界」とか「天上」とか当時もあったと思われる語彙を使った方がすっきりしたのではないか。「高天原」という言葉はもっぱら「古事記」で使用され、変わったところでは持統天皇の和風諡号「高天原廣野姫天皇」や文武天皇の即位の宣命に「高天原」の語があるらしい。いわば、当時の正規の官界用語ではなかったのではないか。そこで、「高天原」の語源と言おうか、語義を検討してみる。但し、高邁な諸説を述べる学者の多くは、歴史的事実の記録や民衆の宗教的信仰の産物でない記紀の神話、なかんずく「高天原」をたまさかの言葉の類似で地上のどこか(国内、国外)に比定するのはその発想において非科学的、と断じている。

「高天原」はどこから出てきた語か

まず、高天原の発音をみると「taka’amahara」と発音しようと思うと、一般的には「taka’ama」は「takama」となるのではないか。これを漢字で表すと「高間」「高馬」などとなり、「立間」「但馬」などと同じく高所の平坦地という意味になるのかと思う。ちなみに、富山県の立山は「切り立った山」の意ではなく中腹の美女平など「平坦地の多い山」のことを言うと説く見解もある。高(たか)や建(たて、たつ)、館(たち、たて)の「た」の音は発音、意味ともに同じことを表しているのかも知れない。即ち、「高天原」とは神話の世界の特別な言葉ではなく、地上の地名用語だったのではないか。当然、そこにはモデルとなる実際の土地があり、「古事記」の高天原にはその土地の様子がかなり織り込まれていたのではないか。したがって、古事記の「高天原」神話はなにがしかの地上の実話をモデルにしたものであって、外国から導入した抽象的な天上界の神話を丸写しにしたものではないと言うことである。

「高天原」のモデルとなった地はどこか

こういう発想が非科学的というのが現今の学界の通説のもののようであることは前述した。
記紀の「神代」の巻はかなり後世になって付け加えられたものであり、モデル地域が日本のどこにあってもおかしくないものではあるが、少なくとも既に「たかま」とか「たかまはら」とか「たちま」あるいは「たちまはら」など「高天原(たかまがはら)」に類する名前の地域ではなかったか。具体的に既存の説を列挙すると、

1.奈良県御所市高天 葛城・金剛山高天台
2.鳥取県八頭郡若桜町舂米(つくよね) 「わかさ氷ノ山スキー場」には「高天原」の地名・伝承が残っている。
3.長崎県壱岐市 天ヶ原、高野原等の地名が残る。
4.長崎県対馬市 かって対馬の高台に高海人原(たかあまはら)といわれた場所があった。天原は海人の村の意。

記紀の「神代」の巻の原著作者はおそらく大和国の内で創作したものだろうから、奈良県御所市高天の地が一番適したものではないかと思う。同地は地名の「高天(たかま)」、実際の地形が金剛山の麓に広がる台地上に平地があり、また、高天彦神社があり、延喜式で名神大社で、祭神は高皇産霊神という。ただ、難を言えば、「高天彦」は「高天の彦」で地主神だったか。高皇産霊神は後付けの神か。とは言え、記紀の原著作者が奈良県御所市高天の地をイメージして天上界の高天原を作出したことは想像に難くない。あと、長崎県壱岐市と長崎県対馬市の高天原伝説であるが、両市は「魏志倭人伝」にも出てきた古い国ではあるが、官の「彦」にもみられるように大和国とは一世代あるいは一世紀ほど遅れているのではないかと思われる。大和国の「彦」のカバネは欠史八代の天皇のもので卑弥呼時代より一世紀ほど遡るものではないかと思われる。したがって、当時は「高天」とか「高天原」などの地名は壱岐や対馬など辺境の地のみならず全国津々浦々にあった地名かと思われる。おそらく、空想の高天原のモデルは高地集落ではなかったのか。

結 論

空想の「高天原」のモデルと現実の「高天原」のモデルは異なり、記紀というより「古事記」の「高天原」の現実のモデルはどこにあるのかと言うことなのであるが、口承が主体の「古事記」と文献が主体の「日本書紀」ではその本体の内容にかなりの差があったと思われる。そもそも、口承(「古事記」は稗田阿礼が天武天皇より「帝紀」「旧辞」等の誦習を命ぜられ、それを元明天皇の代に太安万侶が筆録したという)は宮廷で一般的なことだったかも知れないが、「出雲国風土記」には天武天皇の御代、語臣猪麻呂、その息子語臣与(かたりのおみあたう)などと出てくるので口承が盛んだったのは出雲国で、「古事記」に出てくる「出雲神話」なども出雲国から太安万侶家に伝えられていたものではないか。即ち、太安万侶は先祖が出雲系の人物で、おそらく、官選の稗田阿礼以外にも自家に先祖伝来の複数の語り部を抱えていたのではないか。それに対して、文字による記録をはじめたのは大伴氏ではなかったか。こちらは文字による記録から狂いが少なかったのでは。例えば、天皇の記録で、崇神天皇は古事記にはあるが、日本書紀にはない、というような齟齬はないようである。大伴氏の記録は文字の記録で天皇の記録だけだったようである。
よって、「高天原」の記録とは出雲の記録であり、口承の記録だったようである。但し、「延喜式」践祚大嘗祭(せんそだいじょうさい)に、伴宿禰、佐伯宿禰は、美濃8人、丹波2人、丹後2人、但馬7人、因幡3人、出雲4人、淡路2人の語部を率いて参加し、語部の古詞(ふるごと)を奏した、と。大伴氏は文字の記録の管理ばかりか、口承の記録の管理も行っていたと言うことか。出雲と言えば大国主命であり、「古事記」によると彼の活動範囲は九州北部から新潟県糸魚川市あたりまでなので、その間に「高天原」のモデルとなった地があるのだろう。無論、上述した鳥取県八頭郡若桜町もその中に入るのだが、多少なりとも遺跡があるのかどうか。舂米神社というのがあって造化三神を祀っているらしいが、式内社ではないようである。高天原にまつわる遺跡等があったとしても、後世の後付けの話か。
また、「高天原」の様子を「古事記」でみてみると、1.山川悉に動み、国土皆震りき(山、川、土がある)2.天の真名井(井戸がある)、3.天照大神の営田(つくだ)の阿を離ち、その溝を埋め(田、畦、灌漑溝がある)4.大嘗を聞こしめす殿に屎まり散らし(用便等の生理現象もあった)5.忌服屋の頂を穿ち、天の斑馬を堕しいるる時に、天の服織女見驚きて、梭に陰上を衝きて死にき(織物工場があって、馬がいて、天の服織女は亡くなる)。これじゃあ「高天原」と「葦原中国」には何らの差がなく、単に仲の悪い高台の地域と平地の地域のことを言っているのではないか。極めつきは、天照大神が“天の石屋戸”から出てきたら「高天原も葦原中国も自ら照り明りき」といい、両者には何の差異もない。神の世界、人間の世界、死者の世界を垂直的、重層構造で表す考えは朝鮮半島から来たと言うが、本当か。
くどくど言っても切りがないので結論を言うと、多数説は、空想の「高天原」のモデルも現実の「高天原」のモデルも大和にあり、と言うもののようだが、私見は、空想の「高天原」のモデルは大和に、現実の「高天原」のモデルは九州北部にあったのではないかと思っている。空想の「高天原」のモデルは大和にあるのは、天香山、天高市、天安河など大和に実際にある地名が「天」の美称を着けただけで出てくる。現実の「高天原」のモデルは九州北部にあるというのは、『天忍穂耳命、天の浮橋に立たして詔らさく、「豊葦原之千秋長五百秋之水穂国は、いたく騒ぎてありなり」』と言うのも、現在の福岡県春日市「奴国の丘歴史公園」あたりから福岡平野を望んで出雲軍(不彌國・投馬国(出雲)連合)対高天原軍(奴国・伊都国連合)の最終戦が展開されていたことを言ったものか。
なお、「高天原」というので、一応、高地性集落を想定すると、初期の高地性集落は、大阪湾岸、瀬戸内海沿岸に多く、九州北部、出雲には少ない。したがって、出雲と関連づける高地性集落は乏しいのであるが、あったとしたら、一応、九州北部の環濠集落と言うことになろうかと思う。

広告
カテゴリー: 歴史 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中