台与の後半生

はじめに

我が国の古代の偉大な二人の女王(卑彌呼、壹與。以下、敬称を略する)については、前者については前半生が不明であり、後者については後半生が不明である。ここでは、後者(壹與)の後半生を考察するものである。
まず、「魏志倭人伝」等に記載されている「壹與」についてまとめてみると、
漢字表記と読み
漢字表記 壹與(魏志倭人伝)。 読み「いよ」か。 現存する写本ではすべて「壹與」という。
漢字表記 臺與(「梁書」、「北史」)。 読み「とよ」か。
漢字表記 臺擧(太平御覧所引の魏志)。 読み「とよ」か。
但し、「臺」と「台」は異なる文字であるとし、「台」には「と」という音があるが、「臺」は「たい」「だい」と発音し、「と」と言う音はないという見解がある。
「臺與」「臺擧」と書いてある史書の編纂者は皆別人であり、おそらく唐代の「魏志倭人伝」の写本では「臺與」の可能性が高く、「壹與」はその後の写しの間違いではないか。多分、「魏志倭人伝」を書き写す人に誤解、勘違い等があったのではないか。無論、日本にも「伊豫」の地名があり、「壹與」説も捨てきれないが、記紀をはじめとする我が国文献では「豊」がほとんどで、ここでは「臺與(とよ)」(代用表記「台与」)とする。
蛇足だが、沖縄県では「響む(とよむ)」という言葉はあっても、本州方面で使用される「豊葦原」とか「豊明(とよのあかり)」とか「豊国(とよのくに)」とかの使用例はないようである。あっても、沖縄が完全に日本国と一体化した後かと思う。したがって、「邪馬台国は沖縄」説は怪しいのではないか。大和朝廷が米、米、米のオンパレードなのに沖縄に稲作が導入されたのは有史(奈良、平安の頃)以降という説もある。「とよ」はアイヌ語と関係のある言葉らしい。(ジョン・バチェラー「アイヌ語辞典」)一応、日本の資料で「豊」の名が出てくるのは、豊比咩命神社(豊前国、香春神社)、豊比咩神社(筑後国、高良大社)(以上は九州北部の地域)と記紀に出てくるあまたの神々や皇族(以上は畿内が主要地域となろうかと思う)に多く、「魏志倭人伝」の台与もいずれかの地域の人であろう。
また、漢字の「臺」と「台」であるが、漢和辞典などによれば「臺」は古くから「台」の文字を使用していたと言い、ことさらに「臺」と「台」は違うと強調することはないのではないか。

記録に見る「台与」のこと

「魏志倭人伝」該当箇所
「卑弥呼以て死す。大いに冢を作る。徑百余歩、徇葬する者、奴婢百余人。更に男王を立てしも、國中服せず。更に相誅殺し、当時千余人を殺す。また卑弥呼の宗女壹與年十三なるを立てて王となし、國中遂に定まる。政等、檄を以て壹与を告喩す。壹與、倭の大夫率善中郎将掖邪狗等二十人を遣わし、政等の還るを送らしむ。因って台に詣り、男女生口三十人を献上し、白珠五千孔・青大句珠二枚・異文雑錦二十匹を貢す」

「日本書紀」該当箇所
「神功皇后六十六年 是年、(西)晉の武帝の泰初(始)二年(266)なり。(西)晉の起居(天子にまつわる日記体の文章)の注に云わく、武帝泰初(始)二年十月に、倭の女王、譯を重ねて遣し貢獻す」(中国にも武帝泰始二年十一月に同様の記録がある)
「日本書紀」は当該倭の女王を「神功皇后」「卑弥呼」と解しているようであるが、多数説は「台与」と解しているもののようである。卑弥呼の死亡は、「北史」に「正始中、卑弥呼死す」とあるので、正始は240~248年なので、248年説が多い。

結 論

「台与」に関する文献は上記二件のみで、しかも「卑弥呼」同様中国の文献だけと言ってよいものであるが、中国の記録と日本の記紀とを比較してみると、
まず、「魏志倭人伝」の「官に伊支馬あり。次を彌馬升と曰い、次を彌馬獲支と曰い、次を奴佳鞮と曰う」は、勝手な解釈により「伊支馬」は活目入彦五十狭茅尊(垂仁天皇)、「彌馬升」は観松彦香殖稲尊(孝昭天皇)、「彌馬獲支」は御間城入彦五十瓊殖(崇神天皇)、「奴佳鞮」は足仲彦(仲哀天皇)と比定する。記紀では天皇となっているこれらの諸侯も中国人の目から見れば単なる臣下としか映らなかったのではないか。おそらく、これらの序列は、いわゆる、年功序列ではなかったか。
卑弥呼が亡くなったとき「徇葬する者、奴婢百余人」とあり、女性ばかりが道連れと言うことはないだろうから、卑弥呼時代の宰相「伊支馬」即ち活目入彦五十狭茅尊(垂仁天皇)は卑弥呼の死とともに失脚したのではないか。次いで、「魏志倭人伝」に言う男王として立ったのは、「彌馬升」即ち観松彦香殖稲尊(孝昭天皇)だったのだが、これまた無能の極みで「更に相誅殺し、当時千余人を殺す」状況となった。こんな誰が見ても統治能力欠如の人を長く王の地位に据えておくことは出来ず、「台与」の登場となったかと思う。台与は宗女と言うくらいだから卑弥呼の指定した後継者で、諸豪族の互選、推薦等により選ばれたものではない。そもそも、中国人の目から見れば「彌馬升」即ち観松彦香殖稲尊(孝昭天皇)が王になること自体がおかしなものであったのではないか。「彌馬升」即ち観松彦香殖稲尊(孝昭天皇)が何年ほど王位についていたかは定かではないが、当時千余人も殺すとはそれなりの期間があったと思う。当時の殺傷能力の低い武器や緩慢な戦闘行為を考えると10年くらいの年月が必要ではないかと考えるが、仮に5年として「台与」が王位に就いたのは卑弥呼の死(248年)プラス5年で西暦253年頃か。「台与」13歳と言うが、卑弥呼が亡くなったときは8歳くらいの少女だったのか。誰が見てもよほどのしっかり者だったに違いない。その時の宰相は「彌馬獲支」即ち御間城入彦五十瓊殖(崇神天皇)だったのだろう。10年間ほどの国内秩序確立期間を経て、266年に(西)晋へ外交使節を派遣したものであろう。無論、「魏志倭人伝」には台与の就任直後に張政の帰還を送りがてら「因って台(魏都洛陽の中央官庁という)に詣り、男女生口三十人を献上し、白珠五千孔・青大句珠二枚・異文雑錦二十匹を貢す」とある。「日本書紀」にも崇神天皇六年条に「是より先に、天照大神・倭大國魂二神を天皇の大殿の内に並祭る。然して其の神の勢を畏れて、共に住みたまうに安からず。故、天照大神をもては 豊鍬入姫命に託けまつりて、倭の笠縫邑に祭る」とある。これは何か対立する二者(台与と崇神か)がいて、崇神が台与を追放した話にもとれる。当初は台与、崇神ともに同じ場所で政務を執っていたが、何事にも位が上の台与を崇神がうざったく思い、かつ、けむったく感じて実力行使で笠縫邑へ追いやったのではないか。「共に住みたまうに安からず(共住不安)」とは、そこいらのことを言ったのではないか。そして、崇神は自らを「御肇國天皇(はつくにしらすすめらみこと)」と自称したのではないか。台与の政治生命はせいぜい15年ほどで20歳代後半には失脚し、半ば幽閉の身で後半生を過ごしたのではないか。

広告
カテゴリー: 歴史 パーマリンク

台与の後半生 への4件のフィードバック

  1. 蒲生新田 より:

    日本書紀では 台字[音:ト乙類] と 臺字(音:ダイ, 訓:うてな,たかどの,かけもの) は完全に別字として扱われていますが……御存知無い?

    >また、漢字の「臺」と「台」であるが、漢和辞典などによれば「臺」は古くから「台」の文字を使用していたと言い、ことさらに「臺」と「台」は違うと強調することはないのではないか。

    根拠を示しましょう。

    • tytsmed より:

      新田さん、こんにちは。返信が遅れて申し訳ありません。
       
      >日本書紀では 台字[音:ト乙類] と 臺字(音:ダイ, 訓:うてな,たかどの,かけもの) は完全に別字として扱われていますが……御存知無い?

      台字[音:ト乙類]  星の名。三台の六星。敬意を示す語。

      臺字(音:ダイ, 訓:うてな,たかどの,かけもの) 訓:うてな、たかどの 高楼、物をのせる台。台地。中央政府の高官、敬称。

      あまり意識をしたことはありませんでした。

      >>また、漢字の「臺」と「台」であるが、漢和辞典などによれば「臺」は古くから「台」の文字を使用していたと言い、ことさらに「臺」と「台」は違うと強調することはないのではないか。

      >根拠を示しましょう。

      小学館刊 小林信明編 新選第七版漢和辞典 P222 『「臺」(たい)と次項の「台」(たい)とは別字であるが、古くから「臺」に代えて「台」をもちいることがあった』と。

       

      • 蒲生新田 より:

        >小学館刊 小林信明編 新選第七版漢和辞典 P222 『「臺」(たい)と次項の「台」(たい)とは別字であるが、古くから「臺」に代えて「台」をもちいることがあった』と。

        臺字 を 台字 で代用するように なった事は事実ですが、代用が始まったのは いつからなのかに ついては、その辞典に書かれているので しょうか。
        つまり、日本の上古時代から代用が行われていた事が書かれていないと、その辞典は根拠が無い事に なります。
        この編者に とっての古代とは、平安時代や鎌倉時代の事を想定しているように思います。

        この辞典は弥生時代や上古奈良時代の漢字を調べる際には、少し精緻性が足りない…もとい、情報の深みが…もとい、古代の漢字を調べるには頼りないように思います。
        例えば 藤堂 明保 さんの 学研新漢和大字典 等は読まれましたか?
        藤堂 明保 さんは古代の漢字発音の権威です。
        是非手に取ってみる事を お勧めします。

        いずれにせよ、日本書紀と言う古代の大和朝廷の一次史料で 台字 と 臺字 が極めて厳密に書き分けられていると言う事実を、もう少し重く受け止める必要が あるように思えます。

      • tytsmed より:

        Date: Fri, 28 Aug 2015 07:52:55 +0000
        To: tyts.med@hotmail.co.jp

        臺字 を 台字 で代用するように なった事は事実ですが、代用が始まったのは いつからなのかに ついては、その辞典に書かれているので しょうか。
        Ans.
        書かれておりません。

        例えば 藤堂 明保 さんの 学研新漢和大字典 等は読まれましたか?

        Ans.
        読んでおりません。

        いずれにせよ、日本書紀と言う古代の大和朝廷の一次史料で 台字 と 臺字 が極めて厳密に書き分けられていると言う事実を、もう少し重く受け止める必要が あるように思えます。

        Ans.
        ご忠告ありがとうございます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中