倭迹迹日百襲媛命と倭姫命

はじめに

記紀には「倭(やまと)」の名を冠した女性はあまたいるが、特に、崇神・垂仁朝に出てくる二人の皇女が著名だ。いずれも「魏志倭人伝」に言う「卑弥呼」に比定される女性であるが、片や倭迹迹日百襲媛命(やまとととひももそひめのみこと)と言う孝霊天皇の皇女であり、片や倭姫命(やまとひめのみこと)と言う垂仁天皇の皇女である。最近では倭迹迹日百襲媛命が、「近年、卑弥呼と同一人物として推定される候補の中では最有力の説となってきている」と宣う見解もある。「本当か」とは思うものの、確たる証拠があるではなし、世間では「倭迹迹日百襲媛命が卑弥呼」の見解がドンドン多数となっているようである。そこで浅学非才の身を顧みず検討してみることにする。

倭迹迹日百襲媛命の名前の解釈

倭姫命の解釈はほとんど問題にもならないと思うが、倭迹迹日百襲媛命の名前の意味については若干問題があるようだ。「迹迹日」と「百襲」の解釈が問題である。
「迹迹日」とは「鳥飛び」と見做し、脱魂型(エクスタシータイプ)の巫女とする説が唯一の有力説かと思われる。ほかには、特に、これと言った説もないようで、この説が通説的見解のようである。
ところで、倭迹迹日百襲媛命の表記については、
「日本書紀」では、倭迹迹日百襲媛命(やまとととひももそひめのみこと)
「古事記」では、夜麻登登母母曽毘売命(やまととももそひめのみこと)
おそらく、古事記の方は「夜麻登(登)登母母曽毘売命」とあったのを、「登」の字が三個も続いたので脱漏・遺漏があって表記のようになってしまったのではないか。
類似の名前としては、倭迹迹日百襲媛命の妹に当たると思われる「倭迹迹稚屋姫命(やまとととわかやひめのみこと)」と孝元天皇の皇女「倭迹迹姫命(やまとととひめのみこと)がいる。
上記類似の二例は「倭迹迹」となっており、「日」の文字が欠落している。「倭迹迹姫」については、「日」の文字を入れると「ヤマトトトヒヒメ」となり、「ヒ」の音が続くので省略した、との説もあるが、何とも言えない。また、倭迹迹日百襲媛命と倭迹迹姫命は同一人物で、父が孝霊天皇、孝元天皇の二説があるので双方に名を記したと言う説もある。いずれにせよ、名前の冒頭にある「倭」は地名であるので、「倭迹迹(日)」という地名があったのか(後世的に言うと大和国迹迹(日)郡)、あるいは、「迹迹(日)」は別の意味の語だったのか。「百襲」についても、読み方に一家言を述べる人もいるが、文字通り「百(もも)」を数字の百の意味とし、「襲(そ)」を十の意味としてよいのか、検討の余地がある。

「迹迹(日)」の意味
迹迹を地名としたら、「トト、ドド」となり漢字では「百々」と書き、奈良県にも御所市増に「百々川」がある。また、迹迹日は若干音が違うものの宇陀市室生砥取(ととり)がある。無論、倭迹迹日百襲媛命の出生地は孝霊天皇の都があった黒田庵戸宮(くろだのいおとのみや。奈良県磯城郡田原本町黒田の法楽寺が伝承地)であるから、そんな説は取るに足りない、と言われればそれまでだが、当時の記録の正確性がどれほどだったかを考慮し、御所市や宇陀市までそのウィングを伸ばすことにする。
御所市には、「百々川」以外にも御所市多田(おいだ)の地名が近所にある。多田には「多太(おいだ)神社」もあり、同神社は、元来は祭神不詳、創立不詳、六国史に神位の授与の記録なし、なのであるが、式内社の多太神社鍬靫に比定されている。多太をタタと読み、大田田根子命の略称とする。よって、祭神を大田田根子命とする。日本語でトト(O)をタタ(A)と発音する一例としては葛城襲津彦が曽都毘古(そつひこ)・沙至比跪(さちひこ)など。この場合は、倭迹迹日百襲媛命は倭田田日百襲媛命で、百襲の百はモモ即ち桃色で赤色のこと、襲(そ)は熊襲、曽祢(そね)、阿曽などの「襲」で「砂」という言葉が一般化する前の「砂」を意味したのではないか(対語として、羽根、羽仁<意味は、粘土>など)、その意味合いは「倭の火(熱)霊、赤くなった砂(型)の媛命」とでも言うべきか。何やら青銅器鋳造業者を連想させる名前だ。但し、御所市には名柄(ながら)遺跡と言う銅鐸と鏡の伴出遺跡があるが、青銅器鋳造所の遺跡はないもののようである。いずれにせよ、百々川のある御所市増や名柄遺跡のある御所市名柄や多太神社のある御所市多田は隣接地域であり、倭迹迹日百襲媛命の名前に縁のある土地柄ではないか。したがって、倭迹迹日百襲媛命は現在の奈良県御所市の出身と思われる。

(補記)倭迹迹日百襲媛命の父は孝霊天皇で天皇が都したところは奈良県磯城郡田原本町黒田(黒田庵戸宮)と言われており、著名な唐古・鍵遺跡に近い。唐古・鍵遺跡には青銅器の鋳造所もあったと言われ、それにちなんだ名前かも知れない。天皇家の経済基盤は米と絹かと思いきや初期の天皇には青銅器の鋳造で財力を築いた人物もいたのか。なお、倭迹迹日百襲媛命の母は倭国香媛となっているがこれは倭国化媛で、国を化成した媛の意と思われ意富夜麻登玖邇阿礼比売命を漢訳したものか。また、近所には鏡作神社(鏡作坐天照魂神社)があり、近時の有力説三角縁神獣鏡倣製鏡説ではここいらで三角縁神獣鏡が鋳造されたと言うのか。

なお、「迹迹日」であるが、トドフ(水が底にたまる、滞る)の連用形に「トドヒ」があり、満潮(高知県の方言)、干潮(岡山県御津郡の方言)を「トドヒ」と言うようである。その意味から湿地も意味するのではないかとのこと。「迹迹日」は「トドヒ=トトヒ」であり、御所市の湿地帯を言ったものか。過般発見された御所市條(じょう)の中西遺跡水田跡も参考にすべきか。

結 語

二人の記紀における説話であるが、

倭迹迹日百襲媛命
「古事記」
これと言ったことは書かれていない。
「日本書紀」
崇神7年2月条 崇神天皇の御代になって災害が多いので原因を卜占しようとしたところ、倭迹迹日百襲媛命が神がかりして、「倭國域内所居神」、名を大物主神を告げ、崇神天皇は教えのまにまに祭祀したが、効験あらたかならず。その後、夢に大物主神が現れ、「大田田根子」に吾を令祭(まつ)りさせればたちどころに天下太平となると宣ったので、そのとおりしたところ奏効した。(11月)
崇神10年9月条 倭迹迹日百襲媛命が、大彦が遠征の途中で聞いた童女の歌を、武埴安彦の謀反と解釈し、崇神天皇が諸将を集め謀反を鎮圧した。その後、倭迹迹日百襲媛命は大物主神と結婚、事故死、箸墓築造の話がある。

倭姫命
「古事記」
景行天皇条 日本武尊が熊曽建征討する際、御衣、御裳、剣を与えている。
日本武尊の東国征討に際しては、草薙剣と御囊を与えている。
「日本書紀」
垂仁25年3月条 豊鍬入姫命に代わって天照大神を託された。笠縫村に祀っていた天照大神を若干の移動を経て、伊勢に鎮座させた。(伊勢神宮起源譚)。異伝あり。
景行51年1月 伊勢神宮に献上された蝦夷等が、昼夜喧嘩をして出入に無礼があるので、倭姫命が「これより蝦夷等神宮に近づくべからず」と言い、朝廷に進上した。

以上を概観するならば、総じて倭迹迹日百襲媛命は巫女的と言おうか宗教家的であり、倭姫命は政治家的、実務家的である。軽々にどちらが「卑弥呼」に該当するとは言えないが、双方を比較検討すると、
1.倭姫命はその立場を豊鍬入姫命と代えてみると、倭姫命と倭彦命は姉弟(?)となり、倭彦命には「魏志倭人伝」に言う殉死の話が出て来て、これは日本の歴史書が倭姫命の話だったものを倭彦命にすり替えたものか。倭彦命は倭姫命より先に亡くなったようで(垂仁天皇28年10月5日に薨去。倭姫命が斎宮となったのは垂仁25年3月10日か)、「魏志倭人伝」で男弟があまり活躍しないのも弟が思いの外早く亡くなったためか。なお、「日本書紀」崇神元年二月に皇后の所生として千々衝倭姫命(ちちつくやまとひめのみこと)、倭彦命とあるが、こちらの倭姫命が本来の倭姫命で記紀の原著作者があれこれつぎはぎをしている間に垂仁天皇の皇女となってしまったものか。したがって、「魏志倭人伝」に言う卑弥呼女王は「千々衝倭姫命」のことか。
2.これは倭迹迹日百襲媛命にも言えることだが、豊鍬入姫命の「入姫」とは養女のことで、倭迹迹日百襲媛命や倭姫命と血縁関係がないか、あっても、薄いものではなかったか。また、倭迹迹日百襲媛命は現代的に言うと事故死と言うことになろうかと思うが、事故死をした人がその前に手際よく養女(後継者)を定めておくことができるものかどうか。少なくとも「魏志倭人伝」の卑弥呼女王は自然死と思われ、倭迹迹日百襲媛命のような死に方ではなかったのではないか。
3.豊鍬入姫命が天照大神を祀るようになったのは崇神6年からで、倭迹迹日百襲媛命が最初に神がかりしたのは崇神7年2月と言う。これも倭迹迹日百襲媛命から豊鍬入姫命へ政権を引き継いだとするならば何か整合性を欠いた話ではないか。
以上、重箱の隅をつつくようなことを言えば切りがないが、やはり「卑弥呼女王」のモデルとしては「倭姫命」が最適ではないか。なお、伊勢神宮の「倭姫宮」について「神宮創建に大きな功績を残したにもかかわらず、宮社がなかったため、大正12年(1923)11月5日鎮座祭がとりおこなわれた」なんて書いてある説明書もあるが倭姫命は伊勢にいたことがあるのか。倭姫は倭の姫であって倭にいたのではないか。

広告
カテゴリー: 歴史 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中