水沼君とは

はじめに

水沼氏とか水間氏は全国的に散在するようであるが、筑紫平野一帯に勢力があった水沼君とか水沼県主、水沼別が記紀などの古典にも出てくる著名な一族である。水沼君、水沼県主、水間君、水沼別が同族かどうかは諸説あるのであるが、一応、筑後国三潴郡(現・久留米市三潴町)を本拠にしていた氏族と言うことである。とかく、筑後は筑前に比べ華やかなところはなく、その豪族と言っても古墳や発掘遺物から見て筑前と比べるとかなり見劣りがする。歴史に表立って出てくる豪族も高良玉垂命、水沼君、筑紫君くらいなものである。但し、筑紫君は八女市にある岩戸山古墳を筑紫君磐井の墓と仮定したものであり、「磐井の子の筑紫君葛子は、糟屋(現・福岡県糟屋郡)の屯倉を大和王権に献上して死罪を免れた」とあり、筑紫君の本拠は今の福岡市だった可能性が高い。残るは、高良玉垂命にまつわる氏族と水沼系氏族であるが、高良玉垂命はその子孫がはっきりせず、結局、筑後の有力氏族となると水沼系の氏族だけである。その水沼氏も水沼県主とか水沼君とか水沼別とか複数の氏族かとも思われる表記がなされている。一応、「日本書紀」で水沼、水間の関係箇所を見てみると、

神代上 第六段
「其の十握剣は、是素戔嗚尊の物なり。故、この三の女神は、悉くに是爾が児なり」とのたまいて、便ち素戔嗚尊に授けたまう。此則ち、筑紫の胸肩君等が祭る神、是也。
神代上 第六段一書第三
即ち日神の生れませる三の女神を以ては、葦原中国の宇佐嶋に降り居さしむ。今、海の北の道の中に存す。号けて道主貴と日す。此筑紫の水沼君等が祭る神、是也。
景行天皇十八年七月七日
時に水沼県主猿大海、奏して言さく、「女神有します。名を八女津媛と日す。常に山の中に居します」
雄略天皇十年九月四日
身狭村主青等、呉の献れる二の鵞を将て、筑紫に到る。此の鵞、水間君の犬の為に喰われて死ぬ。是によりて、水間君、恐怖り憂愁えて、自ら黙あること能わずして、鴻十隻と養鳥人とを献りて、罪を贖うことを請す。天皇、許し給う。
以上が「日本書紀」に出てくる水沼君、水沼県主、水間君だが、いずれも「水沼君」という同族のようである。ほかに景行天皇の子孫という水沼別がいる。同天皇の皇子という国乳別皇子(くにちわけのおうじ)が始祖と言い、母は襲武媛(そのたけひめ)と言う。同皇子は久留米市三瀦町高三瀦にある弓頭(ゆみがしら)神社の祭神で、水沼君一族の氏神神社が判然としない中にあって、いわゆる、由緒来歴がはっきりとした一族である。弓頭と名付ける所以は二説ほどあり、その一つは、成務天皇紀で「吾が国造(くにのみやつこ)を任命する時には必ず楯矛を授けてあかしとする」とあって、第12代景行天皇の皇子、国乳別皇子が「古式にのっとり、弓矢楯矛をいただいて下向し、高三瀦の地に在所を定めて、久しく筑紫地方を治められた」と書かれた部分に由来する、と言い、その二つは、「神功皇后韓攻撃の時、弓大将だったために、弓頭大明神と称えられた」と言うものである。

水沼君と水沼別は同族か

「日本書紀」によると水沼君は「海の北の道の中に存す。号けて道主貴と日す。此筑紫の水沼君等が祭る神、是也」とか、「水沼県主猿大海」とか、どう見ても海岸沿いに本拠を置いていたのではないかと思われる。これに対し、水沼別の方は現在の久留米市三瀦町高三瀦に本拠を構え、ご先祖様を弓頭神社に祀っている。水沼(みぬま)と三瀦(みつま、みづま)は当時から何かしら発音が異なっていたのではないか。したがって、水沼君と水沼(三瀦)別はまったく別人で、奈良時代の発音の混乱が両氏を一緒くたにして(水沼、水間、美努麻等と書く)しまったのではないだろうか。当然のことながら、海人族である水沼君は筑後川の河口の近く(今の柳川市、大川市界隈)に住んでいたのであり、水沼別は高三瀦に居を構えていたと思う。水沼別は景行天皇の後裔と言うことでその後も長らく筑後国の統治者として君臨したようである。但し、成務天皇が任命した筑紫国の国造は筑紫君という。大規模なものではないようだが久留米市大善寺には御塚(おんつか)と権現塚(ごんげんづか)の二 つの古墳が残っている。通説は水沼別の古墳と解しているようである。
ところで、水沼君だが、おそらく今の筑後川河口から長崎半島を経由して中国・上海へ到る航路の開設者だったのではなかろうか。この航路は今はどうかわからないが、第二次世界大戦終了までは上海航路として活用されていたらしい。しかし、日本の歴史を紐解いてみると「魏志倭人伝」以来この航路で正使が日中間を往来したケースはほとんどない。記紀に出てくるものでは前述の「身狭村主青等」の派遣譚くらいか。古代においては脇街道ならぬ脇航路に過ぎなかったのではないか。さすれば、政府の庇護も薄く、水沼君一族も一時的に宗像へ居を移したか。それが、宗像三女神を宗像氏と水沼氏が祀る原因になったか。宗像氏左座、水沼氏右座説もある。

筑後国の水沼君の本拠はどうなったか

水沼君はおそらく現在の大川市あたりに住み、海人族として漁業や水先案内業等に従事していたのではないかと思われる。しかし、その痕跡は乏しい。延喜式神名帳にしても筑後国の官社は三井郡に大2、小1、御原郡に小1のみである。その中には宗像三女神を祀る神社はない。延喜式神名帳には載っていないが大川市に風浪宮(ふうろうぐう)という神社がある。社伝によれば「神功皇后が三韓征討後、帰還の際、海難に遭ったが、少童命(わたつみのみこと)の神助により風波は静まり、無事、大川榎津に漂着した。皇后は勅命により海上の指揮をしていた阿曇磯良丸をしてこの地に少童命を奉祀させたという。宗像三女神と綿津見三神は別の神と思うが宗像大社と志賀海神社とはそんなに離れてもいないので、水沼君が宗像三女神を祀っているというのは風浪宮の綿津見三神の誤りか。もっとも、そうなったら阿曇磯良丸はどうなるのかとなるのだが。とは言え、宗像三女神は宗像氏の氏神であろうし、綿津見三神は阿曇氏の氏神であろうし、水沼氏の氏神は見当たらないと言うのが現実かと思う。

まとめ

古代筑紫の三大海族と言われる、阿曇氏、宗像氏、水沼氏だが、おそらく当初にあっては三氏族は志賀島(阿曇氏)、鐘崎(宗像氏)、津屋崎(水沼氏)あたりに棲み分けており、宗像神は水沼氏が祀っていたのではないか。その後、宗像氏(大国主命・出雲勢)の勢力伸張により水沼氏は筑前の地を追われ筑後に敗退したのではないかと思われる。「日本書紀」神代上第六段及び「先代旧事本紀巻第二 神祇本紀」はこの理を表すか。
筑後に逃れた水沼氏は言われているような「三潴郡」ではなく、三潴郡としても三瀦郷や夜開郷ではなく現在の大川市に当たる青木郷ではなかったか。ことに、筑後川入江に面した榎津(えのきつ)が有力ではないか。そもそも、三瀦は筑後国に上妻郡とか下妻郡(「魏志倭人伝」の投馬国に比定する説あり)があり、三潴は「みつま」ないし「みづま」と発音されたのではないか。水沼(みぬま)とは少しばかり違うと思う。有り体に言うと、海族と言われた「水沼氏」から「海」をとったら何が残るのであろうか。榎津は、後世、明の「図書編」(万暦5年<1577>)に「言奴気子」とあり、有明海の海運の拠点だった。東側には酒見村があり、風浪宮がある。おそらく、この風浪宮も当初は水沼氏が「道主貴」を祀っていたが阿曇氏に取って代わられたものではないか。通説と思われる説は、「道主貴」とは宗像三女神を一柱に称え号した、と説くもののようだが、水沼氏が開拓した「筑後川河口から中国・上海」ルートの「道主貴神」(航路の神様)ではなかったか。とかく、水沼氏は腕力に弱く、同業の宗像氏にも阿曇氏にも敗れ、他地域への拡散もままならなかったようである。その後、水沼君や水沼別の子孫は不明という。

広告
カテゴリー: 歴史 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中