津軽について

はじめに

「津軽」と言っても北海道や東北地方の人ならいざ知らず、ほとんどの日本人の知識からは欠落しつつある地域の名称ではないか。とは言え、法律では東、西、南、北、中の各津軽郡が存在している。日本文学専攻の学生なら太宰治の「津軽」でご存じの方もいるかも知れない。ところで、津軽の地名であるが「軽」は全国区の地名と見え、北は北海道から南は沖縄まで満遍なく存在するようである。一例を挙げると、北海道では北海道増毛郡増毛町別苅〈べつかり。アイヌ語でペシ・トゥカリ(崖の・~の手前)の意味という。津軽はこのアイヌ語のトゥカリ(tukari、~の手前、~のこの方)の日本語表記で、北海道の手前の地のことを言うとの説がある〉、春苅島〈はるかるとう。北方領土の歯舞群島にある一島。アイヌ語の「ハル・カル・コタン」(オオウバユリの鱗茎・採取すること・村)の意味という〉等がありアイヌ語に関連づけているが、別苅、春苅島のいずれの地も急峻な崖地(例、春苅島は東には岩礁があり、北・西・南の三方は岸が深く、やはり暗礁が多い。また、別苅では大別苅から先は急に断崖になっているとのこと)であり、何でもかんでもアイヌ語に機械的に結びつけるのはいかがなものか。「カル」、「カリ」には日本語でも「崖」の意味があり、北海道でも本来は「崖」の意味に使われていたのではないか。次いで、沖縄県であるが、沖縄県うるま市石川嘉手苅(かでかる)、沖縄県那覇市銘苅(めかる)などがある。多くは「カル」と発音するようだがまれに「カリ」もあるようだ。沖縄県の「カル」ないし「カリ」は「焼畑」のことで「崖」の意味か。崖崩れの土地は地味豊かで焼畑に好適という見解もある。焼畑は水田不適の山間僻地で行われることが多い。ことに、沖縄では稲作が伝わったのが有史時代に入ってからと言う見解もあり、かなり長期にわたって焼畑農業が行われていたのではないか。この北海道と沖縄県の間に諸々の「カル」ないし「カリ」があるのである。有名なところとしては、古典に出てくる奈良県橿原市の「軽」でその語源には諸説ある。また、変わったところでは、福井県敦賀市古田刈(こたかり)は、アイヌ語からの地名で「コタンカラ」が「コタカリ」となり古田苅と漢字で書くようになったという説もある。コタンカラはアイヌ語で「国つくり」の意味だそうな。但し、「コタカリ」の地名は敦賀市のほか滋賀県東近江市小田苅町や飛騨国吉城郡小鷹狩郷にあり、また、「コタ」も「カリ」も日本にはごまんとある地名であり、その淵源はアイヌ語かも知れないが、今は日本語ではないか。こう見ると、「カル」「カリ」は日本語の基幹言語となった北海道旧石器語からの語彙で原意は「崖」の意味だったか。

津軽の意味の検討

津軽の意味を蝦夷(えみし)の一種〈都加留(つがる)・麁蝦夷(あらえびす)・熟蝦夷(にぎえびす)〉と解する見解もあるが、ここでは地名と解する。おそらく、地名があっての人種名であろうし、現在も地名として残っているからである。文献初出の「日本書紀」斉明元年(655)にも『「津刈」の蝦夷(津刈蝦夷六人冠各二階)』となっている。 津軽の語源については諸説ある。主なものを列挙すると、 1.アイヌ語説 アイヌ語でtukari(~の手前、~のこの方)の意味で、北海道の手前の地を言う。 2.漬かる説 津軽平野が一大低湿地であったのでツカル(漬かる)の意味だと言う。 3.連かる説 津軽山地が連なっているので、ツカル(連なる)の山を言う。 4.崖の意説 ツガ、カルの約で、ツガ・カルともに崖の意と言う。 調査をしたわけではないが、1.アイヌ語説と4.崖の意説が支持を集めているようである。「津軽」の地名も岩手県宮古市津軽石のほかはあまり見かけない。特に、北海道には類似の地名がないのでアイヌ語語源説は非難されている。しかし、「カル」「カリ」の地名はあるようなので非難は当たらないと思う。そこで、他の地方の「カル」「カリ」はどうなのだろうか。そこで、上古の日本の中心地である奈良県橿原市の「軽」(現在は大軽町と言うらしい)について古典で検討をしてみると、「懿徳記」に軽之境岡宮(かるのさかいおかのみや)とあり、「懿徳紀」に軽曲峡宮(かるのまがりおのみや)とある。「孝元記」に軽境原宮ともある。また、万葉集巻二(207)に柿本人麻呂の歌「軽市尓・・・道行人毛 獨谷 似之不去者」、万葉集巻三(390)に紀皇女御歌「軽池之・・・」とある。蘇我稲目の邸宅を軽曲殿(かるのまがりのとの)と言ったとある。これを見ると王宮があり、「軽市」(推古紀で「軽衢」とある)という今で言う繁華街があり、「軽池」という湖沼もある。軽曲殿と言う重臣の邸宅もあったのだろう。この地の「軽」については、カラ(韓、加羅)のことで朝鮮半島からの渡来人の地という説や、狩(かり)の転化で、狩り場の意味という説もある。しかし、私見では「軽池」とか「軽曲」という言葉もあるので、ここは元湿地帯で除水・排水後も池や曲が一部で残ったのではないか。ことほどさように、北海道旧石器人が大移動をしてこつこつと運んだ「カル」「カリ」の地名ではあるが、何分彼らは一万年以上前の人であり、言語の語彙も一万年もすれば100%入れ替わってしまうと言う説もあり、今に残っている方が驚異的ではないか。(但し、縄文時代の北海道人が運んだとも考えられる)従って、北海道の「カル」「カリ」の意味が沖縄の「カル」「カリ」の意味と同じとは到底考えられない。ある程度同じ意味の地域がまとまってあるかとは思うが基本的には各地バラバラの意味になったかと思う。もっとも、難癖を付ける人はカル、カリ(kharu、khari)はハル、ハリ(墾)の前段階の発音で、後世、ハル、ハリ(墾)となり、開墾地の意味ではないかと言うかも知れないが、九州・沖縄にある「原」をハル、バル、パルと読む地名は中世以後の「開墾地」で古代のカル、カリとは直接結びつかないのではないか。即ち、カル、カリは地形ないし地質用語ではかったか。

結 論

日本の語彙は古くなればなるほどその深層にアイヌ語が見え隠れする。「カル(軽)」もアイヌ語のkar(打つ、作る、取る、刈る、する、まわる、巻く)に語源を求める説がある。古アイヌ語が今のアイヌ語につながるものなのか、はたまた、北海道旧石器語から分岐したものかは定かではないが、現在の日本語の語彙がその多くを中国語由来としているので、そちらの方から検討することにする。北海道旧石器人は農業とか養蚕業とか、後世、日本の基幹産業となったものは皆無なのでその種の言葉はなかったと思う。即ち、その語彙数はかなり少なかったと思われる。それらの語彙は朝鮮半島からではなく中国から直接それらを担った人達とともに日本に入ってきたようだ。 そこで、ツガル(津軽)の原意であるが、ツは「土」の意味で、カルは「粥(かゆ)」にも通じた語ではないか。即ち、土の軟弱なところ、換言すれば、湿地帯のことであろう。おそらく、軽ないし粥は水田適地を指したもので、大和盆地や津軽平野に早くから水田稲作が導入されたのはそのためと思う。津軽平野は一大湿地帯というのが一般的で「津軽」の発祥地はおそらく津軽平野初期の遺跡「亀ヶ岡遺跡」ではないか。但し、亀ヶ岡遺跡は縄文時代晩期の遺跡と言い、津軽半島にはまだ古い旧石器時代の遺跡があり、亀ヶ岡が津軽の本家かは言いがたい面もある。

広告
カテゴリー: 歴史 パーマリンク

津軽について への2件のフィードバック

  1. フィジャ より:

    九州・沖縄にある「原」をハル、バル、パルと読むことが気になってやってきました。
    ハルが中世以後の「開墾地」である根拠やソースを、どうか教えてください。

    • tytsmed より:

      >九州・沖縄にある「原」をハル、バル、パルと読む
      >ハルが中世以後の「開墾地」である根拠やソースを、
      >どうか教えてください。

      「古代地名語源辞典」 楠原佑介ほか編 P.259

      「・・・なお、九州には「原」と書きハルと読む地名が多く、
      朝鮮語説などがあるが、多くは、中世以降の「開墾地」
      に付けられたものである」

      なお、「和名類聚抄」(平安時代中期)でも、「原」のつく
      地名は九州では肥後国を除いてはほとんどない。

      異なった意味を説く見解もある。
      ・宮崎平野北部のハルは
       洪積台地は原(ハル)と呼ばれる海成・河成の段丘面
       を言う。例、西都原、新田原、国光原、唐瀬原
      ・伊波普猷の説

      ほかにインターネットで検索した方がよいと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中