鶴、鶴見とは

はじめに

日本には政令指定都市の行政区に「鶴見区」と言う区名を持つ市が二市あり、神奈川県横浜市と大阪府大阪市である。その二市のホームページより地名の語源を見てみると
横浜市
1.ツルという意味は川が海に入るために流れがヨドム状態を現わしている。
2.「とろ(瀞)み(水)」から「つるみ」への変化。「長瀞」や「瀞八丁」などの名を負う水勢に似た趣をもっているところから「とろみ」「つるみ」という。
以上は、郷土史家二名による考証か。
大阪市
1.地域内の低湿地がツルの群生地であった。
2.治水と関わる八剣伝説をうけて、そのツルギがツルミに転訛した。
3.旧下之辻村の開村が源頼朝の命令といわれ、頼朝が富士の裾野での巻狩で放った多数のツルの飛来地という伝承による。
以上は、根拠となる明確な原典が存在せず、口伝の領域から採用されたと言う。但し、延喜式神名帳に「都留彌(つるみ)神社」(現・東大阪市荒川)と言う神社があり、醍醐天皇より社号を賜ったとあるが、ほかに「都留美嶋(つるみしま)神社」(現・八尾市都塚)もあり、河内国のこの辺り一帯は広範にあるいは点在して「ツルミ」と言われていたのではないか。「ツルミ」の地名も全国にある程度散在しているようである。

「ツルミ」とは何か
朝鮮語で「鶴」のことを「turumi(ツルミ、チュルミー)」というもののようで、「ツルミ」とは「鶴」のこと、と言う見解もあるが、多くは「ツル」と「ミ」を分けて理解しているようだ。
「ツル」は鳥の「鶴」のほか漢字で都留、津留、水流と書き、特に、九州の地名に多く、福岡県では「ツル」とは、原野、耕地、畑の意味という。これも、朝鮮語で「野」のことを「tur」と言い、これが語源と主張する人もいるようだ。「坊がツル」という大分県竹田市にある高地湿原盆地から「ツル」とは「盆地」を言うと言う説もあるようだが、「坊がツル」はそれでいいとしても、ほかの「ツル」はどうなんだと言うことになろうかと思う。多くの場合、「ツル」の名がつく土地は湿地とか湿原、あるいは河川などが伴うようである。しからば、「ツル」とは水に関係がある言葉なのだろうか。
話が飛躍して恐縮だが、私見では「ツル」は、「ツユ」と同根の言葉で、浜名寬祐という人のお説では「粒露」が古音では「ツユ」と読めるとなっているが、これなんか「ツユ」ばかりでなく「ツル」とも読めるのではないか。「ツユ」は、露(水滴)、液のことを言う。大言海ではその語源を「ツユ(露)は、粒斎(ツブユ)の意にて、円くして浄きを云う」となっているが、私見では「ツ」は「ツチ(土)」の「ツ」であり、ここでは土を意味し、「ユ」は土の中からしみ出てくる水を言ったものではないか。一般に、そういう水は「温泉(ゆ)」と言ったかと思うが、古代では何も温かいことが条件ではなかったのではないか。また、「ツユ」は円い水滴ばかりを言うのではなく、液体をも言ったかと思う。「ツユ」と同じ意味で「シル(汁)」という言葉もある。今でも飲食業関係者は「ツユ」とか「シル」という言葉を多用するが、いずれも「水分系」の言葉であることは間違いない。地名では「代(しろ)」などのつく地名(小代、藤代、田代など)の「代(しろ)」は「シル(汁)」の意味で、湿地を意味するという見解がある。「ツル」の「ル」と「シル」の「ル」は同じ意味の言葉なのであろうか。一説に、「ゆ」と「る」は音韻交替するという。即ち、RとYは交替する。この場合、つゆ(露)とつる(鶴)はいずれの言葉もあるが、「しゆ」と「しる(汁)」は「しゆ」という言葉は余り聞かない。「ツル」の「ル」と「シル」の「ル」は別の言葉なのであろうか。一般に、「シル」の「ル」は接尾語と解しているようである。また、九州で「水流」と書いて「ツル」と読むのも、「水は高きより低きに流れる」のことわざ通り、湿地や湿原で土地の高低差ができた場合、水の流れが生じたことを言ったものであろう。
以上より、結論を言うと、福岡県の「ツル」を原野、耕地、畑の意と解する以外は、湿原や湿地とした方が正解に近いのではないか。鳥の「ツル」もそういう湿地や湿原を生息地とした鳥のことを言ったものと思う。万葉集では「鶴」の語はあれど、読みは「タヅ」と言い、「ツル」の読みは一例もないと言う。「タヅ」はまた「田鶴」の漢字が当てられ「タヅル」の省略形という人もいる。そうなると、鶴は田を荒らす害鳥かとも思われる。古代では今とは違い瑞鳥とは言いがたかったのか。
次いで、鶴見の「ミ」の方であるが、「深み」「茂み」「浅み」などの「ミ」と同じで、場所を表す接尾語か。なお、万葉集には「隈廻(阿廻、久麻尾、くまみ)、磯廻、島廻など「廻(み)」の語が散見する。理解するところは諸説まちまちであるが、比較的多数説に「廻」=曲がり角、曲がり目というのがある。もし、「鶴」=水流、「見」=曲がり目とするならば、横浜市鶴見区の鶴見川と地名鶴見がこれに合致するかとも思われる。しかし、ほかの鶴見地名はそれとはやや趣を異にするので、やはり場所を表す接尾語とした方が無難か。

まとめ

日本は弥生時代に稲作を導入して以来、「米」を主食にしてきた国であり、米作適地の開墾に余念がなかったものと思う。陸稲は格別、稲作には「水」が必要で、まず、湿地が開発されたのではないか。日本語に湿地を意味する言葉が多いのもそのためかとも思う。「むた」「やち」「やづ」「じくわら」「あくつ」「あわら」「ふけ」など「方言辞典」では47個が列挙されているそうだ。古代日本人は山岳から徐々に平地に移動したと言う見解もあるが、遺跡から見るとやはり平地の微高地に住んで低地の湿地を開発したのではないかと思う。高地の焼畑農業主体から低地に移り灌漑農業が主流になったのではないか。九州は「ツル」の地名が多いせいか、意味も少しずつ違うようである。このほか、東北地方ではアイヌ語起源説もあるようだ。一概に一元論で片付けられないのかも知れないが、他言語(朝鮮語やアイヌ語)に同じあるいは似た発音の言葉があるからと言って、即、同じあるいは似た発音の日本語と同じ意味になるとは限らないと思う。特に、朝鮮語の場合は、日本が韓半島の一部あるいは全部を占領したことはあっても、朝鮮民族が日本を占領したことは一度もない。従って、韓半島に日本語の痕跡があってもおかしくはないだろうが、渡来民が多いことを考慮しても朝鮮語が日本に定着したとは考えられない。以上より考察すれば、「ツル」も「ツルミ」も純粋な日本語であって、縄文弥生の日本人の思考方法から言葉の意味合いを考えるべきだ。そもそも、日本語の祖語とも言うべき言語は日本人が日本列島に住み始めたときには既に滅亡していたのではないか。

広告
カテゴリー: 歴史 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中