葦原志挙乎命と伊和大神は同一神か

はじめに

「播磨国風土記」には似たような二人の神が出てくる。一方は葦原志挙乎命と言い他方は伊和大神という。二神は一般の学説では、伊和大神が葦原志挙乎命の前段階の土着神で、ある地域(この場合は、播磨国)が、上位の政治勢力(この場合は出雲国)に統合される際、その土着神(伊和大神)も糾合した神と同一神化されるという。いわば、二神は別神ではあるが、神話の作成の過程で統一されたと言うものである。ほかにも、葦原志挙乎命と国占め、国作り、国巡りの伝承から伊和大神が作出されたという逆の見解もある。しかし、インターネットなどの諸説を見ていると、伊和大神は出雲国からやって来た(播磨国風土記)とか、天日槍と葦原志挙乎命、天日槍と伊和大神の争いが各地で繰り返されているとか(天日槍と葦原志挙乎命・伊和大神の構造になり葦原志挙乎命と伊和大神は同一神になる)、延喜式神名帳の神社名が伊和坐大名持御霊神社とか、いろいろ理由を挙げて同一神説に傾いている。とにもかくにも、播磨国風土記の編纂者と推測される巨瀬邑治・大石王・石川君子の諸国司は播磨国の後ろにいる大国「吉備国」より出雲国しいては大国主命にかぶれていたとしか言いようがない。

葦原志挙乎命・伊和大神の構造

葦原志挙乎命・伊和大神の両神は「播磨国風土記」では、主に揖保郡、讃容郡、宍禾郡の三郡で活動している。また、このほかにも大汝命(神)、大汝少日子根命、出雲大神の名で出てくる。その主な事績を拾ってみると、

揖保郡揖保里
天日槍命、韓国より渡りて、宇頭川(現・揖保川)底(しり)に来到りて宿處を葦原志挙乎命に乞いけらく「汝は国の主なり。吾が宿らむ處を得まく欲ふ」と云いしかば、志挙乎すなわち海の中を許しき。その時、客神、剣もて海水を撹きて宿りき。主神すなわち客神の盛行を畏みて先に国を占めむと欲して、巡りて粒丘に上り到りて飡(みおし)しき。ここに口より粒落ちき。

讃容郡柏原里
筌戸(うへど)。大神(不詳なれど、一般には伊和大神と解されている)、出雲国より来ましし時、嶋村の岡を呉床(あぐら・腰掛け)をなし坐して筌(うえ・やな)をこの川に置き給いき。

宍禾郡
宍禾と名づくる所以は、伊和大神、国作り堅め了えて後、この川の谷の尾を堺いて巡り行でましし時に、大鹿、己が舌を出して矢田村に遇いき。–シシ(宍・鹿)・アハ(禾・遇)から宍禾(しさわ)になったものか。–以前、敷地の選定で大神が矢を射たところ地に落ちずに鹿の舌に刺さったか。矢の落ちたところまでを敷地とする。
宇波良村、葦原志挙乎命、国を占め給いし時に「この地は小狭くして室戸の如し」と勅り給いき。故、表戸(うわど)という。
比良美村、大神の褶(ひらび・平帯)がこの村に落ちき。故、褶村という。今の人は比良美村と言えり。
川音村、天日槍命、この村に宿りて、「川音甚高し」と勅り給いき。
庭音村、大神の御粮枯れて黴はえき。すなわち、酒に醸さしめて、庭酒献りて宴し給いき。故、庭酒村という。今の人は庭音村と言えリ。
奪谷、葦原志挙乎命と天日槍命と、二(ふたはしら)、この谷を相奪いき。故、奪谷という。
稲春(いねつき)の岑(みね)、大神、この岑に春(いねつ)かしめき。故、稲春前という。
高家里、天日槍命、「この村は高さ、他の村に勝れり」と宣り給いき。
伊奈加川、葦原志挙乎命と天日槍命と国占め給いし時に、いななける馬ありてこの川に遇いき。故、伊奈加川という。
安師(あなし)の里(元の名は酒加の里)、大神、此処に飡(いいすか)しき。故、須加といった。安師とは安師川による。その川は安師比売神の名による。(伊和大神のこの比売神に対する妻問いは失敗)
波加村、国を占めし時、天日槍命、先に到りし處なり。伊和大神後に到りき。ここに大神おおきに怪しみ給いて、宜り給いしく、「度(はか)らざるに先に到りしかも」と宜り給いき。
御方の里、御形と呼ぶわけは、葦原志挙乎命は天日槍命と黒土の志爾嵩に行き、お互いにそれぞれ黒葛を三条足につけて投げ合った。その時、葦原志挙乎命の黒葛は、一条は但馬の気多の郡に落ち、一条は夜夫の郡に落ち、一条はこの村に落ちた。だから三条という。天日槍命の黒葛はみな但馬国に落ちた。
伊和村、(元の名は神酒(みわ)である) 大神が酒をこの村で醸した。だから、神酒の村と言う。また於和の村と言う。大神は国作りを終えてから後、「於和」と云った。於和は美岐(神酒)に同じ。

神前郡多駝里粳岡(現・姫路市北東端、山田町多田の地という)
伊和大神と天日槍命と二柱の神、各、軍を発して相戦いましき。

以上より考察するなら、但馬国の住人である天日槍命が播磨国にも住んでいたような形跡があり、おそらく播磨国宍禾郡は一時期但馬国の占領下にあったのだろう。それでは何のために天日槍命が播磨国を占領したのかと言えば、やはり採石のためではないか。多くの説が鉄やその他の鉱物資源の採掘のためなどとしているが、当時、宍禾郡しいては播磨国にどれほどの鉱物資源があったかは不明で、かつ、その埋蔵量たるや鉄製武器や民生品を量産するのに十分だったかははなはだ疑問である。現実的な利益を生み出すのは岩石ではなかったか。特に、古墳時代が始まると墳墓築造にはかなりの土石を必要とし、前方後円墳などが大量に造られた大和国や摂津国などでは自国の産出だけでは需要をまかないきれなかったのではないかと思う。おそらく、天日槍命は大王や天皇の墳墓の築造に関わった人ではないのか。その意味からも、岩石の収集は焦眉の急だったはずだ。また、城(き)を築くのにも必要だったのではないか。

全体的に「播磨国風土記」を眺めていると、呪術と宴会の世界であり、呪術の最たるものは天日槍命が韓国からやって来て宿を求めたとき「志挙乎すなわち海の中を許しき。その時、客神、剣もて海水を撹きて宿りき」ではないか。何かかってのチャールトン・ヘストンの「十戒」を連想させる内容だ。日本人の宴会好きも神代からのことか。伊和大神は酒造業者であり酒好きだったようだ。呪術と言えば「魏志倭人伝」に出てくる卑弥呼女王の鬼道が思い起こされる。これなんかも、天日槍命が卑弥呼女王に伝授したのかと思わせるような話だ。神武天皇は、大和国の後進性に気づき、出雲国から根こそぎ人材を集め、大和の近代化を図ったのに子か孫かひ孫かはわからないが、こんな女王が出ては、もしご健在だったなら、落胆の一途だっただろう。一般の企業でも、創業者は偉大で、二代目になると怪しくなり、三代目になると倒産するという。「倭国大乱」の話も二代目か三代目の頃の話であろうが、偉人の子孫も時代が下るとだめになる典型だ。もっとも、卑弥呼女王は天日槍命(日本の記録では新羅の王子となっているが、おそらく、韓国在住の中国人だったのではないか。もっとも、天日槍の原態は、日神招祷の呪矛で、それを人態化したもの、と言い、そんな人はいなかったという見解もある。)伝授の中国式呪術が効いたのか「魏」では高い評価を得ていたらしい。何か伊和大神や葦原志挙乎命の呪術や宴会は前近代的なものとしか映らない。

伊和大神と葦原志挙乎命が全くの別人なら、天日槍命は瀬戸内海では播磨国の土豪伊和大神と戦い、日本海では出雲国の大国主葦原志挙乎命と戦ったのではないか。おそらく、時代的には神武天皇の頃で天日槍命は神武天皇の先駆けとして但馬国という地の利から出雲国にも播磨国にも出兵したものと思う。但し、天日槍命が日本にやって来たのは日本書紀では垂仁天皇三年春三月に「昔」に但馬にやって来たと言う。神武天皇の頃か。

「播磨国風土記」には当時はおそらく隣国だったと思われる吉備国や大和国についての言及がほとんどない。編纂者の関心が出雲国ばかりにあったのかもしれないが、天日槍命を大和国の折衝係とするなら、葦原志挙乎命を吉備国の折衝係としてもおかしくはない。おそらく、伊和大神は天日槍命には押されっぱなしで吉備国に肩入れを願ったのかもしれない。物理的にも吉備国の方が出雲国より近国であり、兵員や兵器の輸送にも有利だったはずである。まあ、吉備国が柄の悪い伊和大神を嫌ったのかもしれないが、合従連衡策も伊和大神のワンマン体制では大変だったのかもしれない。ついでながら、この天日槍命と伊和大神ないし葦原志挙乎命との小競り合いが、後ほどの魏志倭人伝に言う邪馬台国(大和国)と狗奴国(吉備国)の紛争に繋がっていくのではないか。

広告
カテゴリー: 歴史 パーマリンク

葦原志挙乎命と伊和大神は同一神か への2件のフィードバック

  1. 千田 より:

    葦原事態が、藤原が作った造語。

    葦原志許は二ギハヤヒ
    伊和は大国主

    だから同一ではないです。

    • tytsmed より:

      葦原は普通名詞にもあり、「田んぼ」とか「水辺の葦の群生」などを言うようであります。葦原が藤原氏の造語かどうかはわかりませんが、饒速日命は多くの神と同一視され葦原志挙乎命というのも別名の一つなのでしょうか。伊和大神と大国主命は同一神というのは「播磨国風土記」の採用するところかとも思われますが、「播磨国風土記」では葦原志挙乎命と伊和大神も、葦原志挙乎命を大国主命と解し同一神と見ているようです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中