素戔嗚尊は安来の王か

はじめに

 古代出雲地域にはたくさんの地域社会があったと思われるが、その主なものとして熊野大社系の意宇郡と杵築大社系の出雲郡飯石郡を中心とした地域に別けられるのではないかと思われる。熊野大社系の中心人物は後世の出雲国造家の先祖であり、杵築大社系の中心人物は大国主命一族ではなかったかと思われる。素戔嗚尊は大国主命の岳父であり、この段階で決定的なことは言えないが、彼は意宇郡にあったと思われる安来郷とは関係がないと思われる。意宇郡は意宇氏(意宇郡の支配者をこのように言う人もいる)が支配するところであり、意宇氏の祖神を素戔嗚尊としない限り、素戔嗚尊と安来は結びつかないと思う。勿論、現今の熊野大社の祭神は素戔嗚尊となっているが、通説は長たらしい神名から櫛御気野命を取り上げ、穀霊神としている。境内社も稲田神社とか稲荷神社とかあるのでやはり農業神か。ほかに伊邪那美神社と荒神社。

記紀の出雲神話と出雲国風土記はなぜ違うのか

 記紀の出雲神話の範囲は今の新潟県から福岡県と広域にわたっているが、その本拠とするところは出雲郡であり、出雲国風土記は出雲国全域を扱っているが、その本拠とするところは意宇郡と思われる。当然、舞台が違えば、出演者も違ってくると言うことで、記紀では大国主命、風土記では大穴持命の出演回数が多いが、主役は八束水臣津野命であろうか。記録を採ったのも出雲神話は大国主命の関係者であり、風土記は意宇氏の一族ではないか。ことに、風土記を書く段になって編者の出雲臣廣嶋は国史である記紀と我が家の記録とが完全に違うことに愕然としたのではないか。我が家の記録を押し通せば、朝廷より「お上の言うことに難癖を付ける気か」と怒られるであろうし、彼は自家の記録と記紀の出雲神話との間に整合性を持たせるべく、日夜腐心したのではないか。奏上までに長期間かかっているのはそのためか。

記紀の出雲神話は誰が寄せたもの

 出雲郡は早くに大和に降伏し、事代主命以下は大和に連れて行かれ、すっかりと大和の人になってしまったようだ。大和に出雲文化が根付いたのも彼らのたまものであろう。そのせいか、事代主命は大和の神とか、大和は神武東征の前は出雲の人が住んでいたとか、諸説あるもみんな間違いであろう。当時は後進地域だった大和に出雲の先進文化をもたらしたものと思われる。その彼らの伝承(素戔嗚尊の説話は出雲神話に追加したものか)が大和にあったもので、記紀編纂の際、各地域から集めた記録とは違うと思う。それに、意宇氏は大和が出雲に侵略した際、大和軍の先導役を務めたのではないか。その論功行賞で魏志倭人伝に言う投馬国の長官や副官を務めたのではないか。然らば、彌彌や彌彌那利は意宇氏の一族か。

素戔嗚尊はどの程度大国主命に影響を与えたか

1.大和政権に大きな隠居所を作らせたこと。おそらく、根の国の素戔嗚尊の豪邸の印象がことのほか強かったのではないか。

2.大国主命は貿易商ではなかったのか。あちこちに遠征したように書かれているが、おそらく交易のために行ったもので「妻問婚」の話はその方便の話ではないか。素戔嗚尊も新羅に行ったなどと言う話もあり、交易のために行ったものではないか。

3.二人は海に活路を見いだした。二人に鉄にまつわる話はほとんどない。二人は製鉄会社を経営するより商社を経営したかった。とは言え、八岐大蛇退治伝説は産鉄の民を征服した話と言う説もあり、天叢雲剣は鉄剣という説もあるが、そんな強力な武器を持っていた人(産鉄の民)がどうして素戔嗚尊に負けたのか分からない。

素戔嗚尊は安来の鉄鋼王か

 素戔嗚尊が安来にいたと言うこと自体がそもそも疑問であり、意宇氏の祖なら意宇氏の子孫が書いたと思われる「出雲国風土記」にもう少し詳しく述べられていてもいいのではないか。何か記紀を見て一生懸命作文をしたという感じだ。また、素戔嗚尊と鉄の話もはなはだ疑問。安来の産鉄の話は古いといいながら、ほとんど出てこない。意宇氏が独占的に取り扱ってもいいようなものだが、そんな話もない。やはり素戔嗚尊は大国主命に結びついた人であり、その出身は隣国(今の山口県)とか九州北部の人ではなかったか。船通山に天降ったというのも当時の手法としてはよそ者(素戔嗚尊が高天原の人であることは明らか)が当該地に来て活躍したことを表すものであろうが、最初に新居を建てた須賀の地が今の雲南市なのか安来市なのか不明だ。但し、雲南市の須我神社は自社が本家というもののようだ。従って、素戔嗚尊と安来を結びつける話ははなはだ僅少でまた素戔嗚尊と鉄を結びつける話も八岐大蛇退治伝説以外は皆無だ。但し、素戔嗚尊の「ス」も「サ」も朝鮮語に由来する鉄、特に、砂鉄を意味し、素戔嗚尊は製鉄業者という見解もある。しかし、その割には素戔嗚尊と鉄の話は記紀や風土記には出てこない。それに、「スサ」の地名も今の和歌山県、山口県、岡山県にある。和歌山県有田市の須佐は「渚沙(すさ)の入江の荒磯松」(万葉集巻11)とあり(渚沙を有田市の須佐とするのは多数説か。ほかに愛知県南知多町豊浜、現神戸市兵庫区須佐野通を比定地とする説あり)、砂浜のことを言うようである。山口県阿武郡須佐町(現・山口県萩市須佐)も同様の意味かと思う。岡山県久米郡柵原町周佐(現・久米郡美咲町周佐)も吉井川の段丘上の地域と言うので砂に関係した地名と思われるが、岡山県赤磐市周匝(すさい、旧仮名遣い「すさひ」)は一考を要するかも知れない。「ス・サヒ」と読むか、「スサ・ヒ」と読むかであるが、「ス・サヒ」ならスが砂鉄で、サヒが鉄器類を言うとすると、古代の木簡で備前国赤坂郡周匝郷「鍬十口」と妙に符合する。また、吉備国は「真金吹く」の枕詞もある。また、「スサ・ヒ」ならスサは砂地の土地であり、ヒは「樋」の意味と言い、川のことだという。この場合は吉井川のことか。いずれの土地も吉井川の段丘上にあり、鉄の類も発見されていないところから(弥生土器と石器)砂地のことか。

結論

 以上より素戔嗚尊は出雲国意宇郡安来郷とは関係がないし、また、出雲国飯石郡須佐郷とも関係がないと思われる。前者は素戔嗚尊が地名の命名者と言うが安来とは地形もしくは古墳に由来する地名ではないか。後者は神名と地名が同じと言っても、飯石郡は伊毘志都幣命(いひしつべのみこと)という神が鎮座していたので名付けられたと言う。伊毘志都幣命が素戔嗚尊を押しのけて居座ったとは思われない。なお、直接は関係ないが、日本書紀一書第4、第5で素戔嗚尊と「木」の起源が述べられている。これは日本書紀の編者が現・和歌山県有田市千田にある須佐神社の祭神須佐命神の説話と素戔嗚尊を一体化したもので(但し、日本書紀では「一書」と断りを付けている)、本来、二神は全く関係がない。和歌山県の須佐命神は「木国(紀伊国)」の起源の話であろうし、素戔嗚尊は高天原の起源の話かも知れない。但し、私見では素戔嗚尊は高天原神話と出雲神話の橋渡し役で、本来は出雲神話が併呑した国の神話を取り込もうとしたものだが、高天原神話にも取り込まれてしまったものか。あるいは、高天原を九州北部、素戔嗚尊の国を今の福岡県北部から山口県、出雲国を現在の島根県・鳥取県と比定したなら素戔嗚尊が高天原にも出雲にも関わりを持ったと言うことは当然と言えば当然か。

広告
カテゴリー: 歴史 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中