天(あめ)の美称を持つ神

 日本の神には「天」の美称を持つ神(いわゆる、天つ神の子孫。先代旧事本紀では天孫系と皇孫系に別けている)がやたらに多い。その昔、松本清張氏が古代日本はまず大国主命が国王であったところに、どこからか後に天孫系の人がやって来て大国主命を征服した何て言っていた。記紀でもまず高天原に対比する葦原中国(ほかに黄泉の国がある)があり、高天原が葦原中国を乗っ取ることになっている。これって明らかに高天原(大和国)が葦原中国(出雲国)を征服ないし横領した話であり、そんなことを決めたのは誰かと言うことである。記紀では天照大神となっているが、この天照の「天」って何なのだろうか。天照らすと言うのだから常識的には太陽を擬人化したものと考えるのが正解だろうが、その後の天照大神の子孫には「天」の美称を持つものが多い。今流に言えば苗字にも相当する文字かとも思われるが、当時の日本には苗字はなかったようなので単なる一族や一団の人の美称と思われる。但し、天照大神に限って言えば天は天空を意味し有意の言葉であって単なる美称ではないようだ。素戔嗚尊をはじめ多くの国津神(但し、素戔嗚尊は天照大神の弟とされる)は土地に根ざした名前を持っているのに天孫系の神は領土や領民と関係のないところにいたような名前だ。

 天照大神や月読尊、素戔嗚尊は日本書紀によれば「筑紫の日向の小戸の橘の檍原」で生まれたことになっている。上記の檍原はいずことも解しがたいが、一般には福岡市界隈(住吉神社のあたりか)と解する向きが多い。然らば、伊弉諾尊、伊弉冉尊、天照大神、月読尊、素戔嗚尊は筑紫の人で、魏志倭人伝に言う伊都国や奴国の王やその一族とも思われる。古事記や日本書紀にある天照大神が、「葦原中国は我が御子、天忍穂耳命の知らす国ぞ」と詔したのも伊都国・奴国連合の盟主が不弥国(おそらく今の宗像市であろう)の大国主命に圧迫されだしたので、自己の九州北部における領有権の正当性を主張したものであろう。天照大神は伊弉諾尊の長女で弟の素戔嗚尊が父により不弥国(?)に放逐されたので婿(高皇産霊尊か。高木神とも。高木は高城のことか。高地に砦を築いた神の意か)をとって国家を共同経営したものの甲斐性のない夫と女手だけではうまくいかなかったのだろう。平定にだらだらと長期間かかっているのもそのことを示唆しているのではないか。ところが、そこに好機が訪れた。父の代からの同盟国(伊弉諾尊は畿内で亡くなっている)だった大和国が出雲国の背後から攻撃し、伊都国・奴国連合と大和国とで出雲国を沈めてしまったのである。これから判断すると、高天原も葦原中国も九州北部にあった国か。具体的には、高天原が現在の福岡県春日市で、葦原中国は福岡平野のことか。葦原色許男の名前も高天原が付けた名前か。要は、高天原(伊都国・奴国連合)が出雲(投馬国・不弥国連合)に負けた話はカットされて、その後の敗者復活の話が記紀に取り入れられた。出雲神話は高天原神話に挿入されたものというのが多数かも知れないが、この高天原神話に挿入された位置が後世考えられた合理的な位置で、高天原神話では都合の悪い部分としてカットされたものではないか。

 ところで、この天照大神の「天」は何なのか、なのであるが、一言で言うと「神」と語源を同じくする「アミ」→「アメ」で「遠くから来た者」のことではないか。記紀を子細に見てみると日本語と発音の似ている朝鮮・韓国系の人の名前は表記されているが(例、崇神紀、蘇那曷叱知など)、発音体系が異なる中国語では音が聞き取れず、おそらく朝鮮・韓国人と同じくらいの人が来ているであろう中国人のことが記紀ではほとんど触れられていない。(但し、応神朝に秦氏とか東漢氏とかいかにも中国系の氏が登場するがその先祖を疑問視する見解が多い。記紀では彼らは応神天皇が招聘したとなっているが、事実は応神天皇が連れてきたのではないか)従って、天照大神もひょっとしたら氏名不詳の中国女性で伊弉諾尊の養女だったか。無責任な中国人と言ってしまえばそれまでだが、当時は幼子を抱えて海を渡ると言うことは至難の業だったのではないか。それで伊邪那岐、伊邪那美夫妻に預けて帰国したのではないか。ことほど左様に、当時の九州北部は国際色豊かな地域だったのかも知れない。天津神とか国津神とか言っているが、日本においては氏名がはっきりしている国津神が正で、氏名不詳の天津神は客人神ではないのか。

 余談になるが、天のつく神を見てみると、天照大神(九州北部)、天之冬衣神(大国主命の父神・出雲国)、天穂日命(出雲臣の祖神・出雲国)、天日槍(出石族の祖神・但馬国)となり、巧みに隠したつもりでも、「天神」の元祖は九州北部で日本海沿いに大和に入ったものか。もっとも、天神地祇の話は思弁的なもので後世の神話作者の創作かも知れない。一応、福岡市界隈でそれらしき場所を見てみると、高天原神話は高原ないし高地性集落の民の説話と考えられている。天降りの話も高地から平野部へ(上り)下りの話であり、福岡平野の山地としては現在の春日市や太宰府市、大野城市、筑紫野市等を言うのであろうか。また、「天」と言っても闇雲に高いところではなく「野」に比べ相対的に高いところの意味らしい。元々天照大神は今の糸島市(伊都国)の人と思われるので、どこかへ移動したと言うようなことがあったら、当時の穀倉地帯である福岡平野が一時的に大国主命に押領されたと言うことであろう。高地性集落が九州に少ないと言うのも、この集落が邪馬台国(大和国)が狗奴国(吉備国)の来襲に備えて設置したもので、大阪湾や瀬戸内海に多いのは当然だ。一般的に言われる倭国大乱とかは多少は関係するかも知れないがほとんど関係のないことである。ましてや、事実かどうか疑わしい神武東遷とか九州勢の東進に備えた等は全く関係がない。高地性集落にはこのほか、当該地の平野部では穀物等が育たなかったので適地に昇ったと言う説もある。特に、長年にわたって維持された高地性集落。但し、私見では高天原説話は景行天皇が九州遠征の際に採録されたもので、現在の宮崎県西臼杵郡高千穂町の伝承かと思う。高千穂、天忍穂耳、天穂日等の「穂」は高い山の頂上を意味するものであり、「天照」等の「天」の美称も天空(天)に突き出た高い山と解すれば生きてくるのではないか。高い山とそれと一体化した青空の光景を愛でるのは古代人に限らず現代人にも多い。それに、天照大神の五男神の天津彦根命や活津彦根命の彦根も高地を意味する言葉である。時代が下って当時の「倭国」にいくつかあった太陽神信仰を一元化する際に、高千穂の説話が一番良かったのではないか。従って、皇室の祖先が高千穂出身などと言うものではありません。最後の熊野櫲樟日命だけは不明。(注)しかし、多くの説はこの「穂」は稲穂の意味に解しているもののようだ。何分にも記紀の編者はあちこちの書物や伝承の継ぎ接ぎ(つぎはぎ)に忙しく、「国譲り」の神話も何の関係もない高天原説話と出雲説話を強引に結びつけた感じがないではない。私見は記紀の「神代の話」は史実を元にしているが、それとはかけ離れた内容であることを言いたいだけである。百パーセント空想やほかの神話の請け売りではないと言うこと。そもそも、記紀の「神代」の段は他国の史書を参考に「人皇」の段の後に付け加えられたものであり、「人皇」は畿内の話、神代は筑紫や出雲の説話なのである。要するに、日本に文字が導入された地域の順と言うことになる。

(注)五男神から推測すると一元化する前は1)天穂系(九州か)2)彦根系(畿内か)3)熊野系(紀伊半島、場合によっては出雲国か)の有力3系の太陽神信仰があり、いずれも当時の高層建築ともいうべき山岳に阻まれて日照に難があったところから発祥したのではないか。山の上に住めばいいじゃないかと言っても、水利の確保等生活の優先順位を勘案すると谷底の盆地に住む場合が多かったと思う。ことほど左様に、日本の古代太陽神信仰は「日照時間を長くしてほしい」という現実に即したものではなかったか。照明器具のない時代にあっては太陽は天然照明器具であり、各種の作業を長く行うためにも太陽の恵みは必要だったのである。農業と結びつくのは稲作が定着してからの話と思う。また、諸外国の太陽神信仰ともやや趣を異にするようである。日本人が高い山に登ってご来光を拝むのもいつ頃からの風習かは分からないが、「太陽よ、永遠に輝いてくれ」ということか。

 加うるに、天(アマ)の原義は海士とか海部(いずれもアマと読む)である、すなわち、海(ウミ)のことであるとする向きもあるが、天と海部、雨(天から降ってくる)などは語源が同じで「広い空間」を意味するという説がある。日本の美称の「天」は天空の意味であって海洋の意味ではないと考える。それに、古事記で天の美称がある別称を持つ島々は隠岐島と本州を除いて、ほかは今の九州北部地域であり「天」の美称が九州北部発祥と考えるならことさらに天(例、天比登都柱-「ひもろぎ(神籬)」のことか-)をウミ(海)のことと考える必要はないのではないか。

広告
カテゴリー: 歴史 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中