伊和大神と揖保川

 「播磨国風土記」には、伊和大神(大国主命の別名という)と称する神が国造りの神として、特に、揖保郡と宍粟郡に出てくる。伊和大神は自分より実力があると思ったのであろうか、外来の神「天日槍命」とはことのほか仲が悪かったようである。当初は泊まる宿もなかった天日槍命(天日槍命一行は今で言う船中泊を強いられているので神戸の方から船で来たのであって、一般的に言われるような但馬から山越えで宍粟郡なり揖保郡に来たのではあるまい。但し、播磨国風土記では韓国から播磨の宇頭川河口にやって来たようになっている)が後ほど軍を繰り出して伊和大神と戦うなどは伊和大神の劣勢を伝えている。伊和大神と天日槍命は当然土地をめぐっても争ったようであり、例えば、「奪谷(うばいだに)」とは二人が谷を奪い合ったのでこのように名付けられたという。しかし、この谷をめぐる争いは「墓地」をめぐる争いと言う説もある。また、地名に「穴」が付くところが多かったり、神社には鍛冶神という天目一命を祀った神社(天目一神社・兵庫県西脇市)があるので「砂鉄」をめぐる争いとも言われている。しかし、宍粟郡には石作里(元の名は伊和)とか、波加(はか)村とかの文字が見えるので、あるいは採石地をめぐる争いかとも思われる。伊和大神の「伊和」の語源も「神酒(みわ)」とも「於和(おわ)」とも「岩(いわ)」とも言われている。あるいは、和(ワ)は「廻」の意味で川や山の縁辺の蛇行した様子を言うと言う説もある。最後の説は伊和が一般的な地名ならもう少し全国区になってもいいのに「伊和」の地名は播磨国にしかない。(本元は播磨国宍粟郡伊和郷、ほかに飾磨郡伊和郷)やはり、播磨の方言か。一番常識的なのは「岩」かとも思うが、古代では「イワ」と「イハ」は違うという人もいる。
 イワ(伊和)とイハ(伊波)の違いは何なのだろうか。発音が違うと言われればそれまでなのだが、伊和は現代のように「IWA」と発音されたのだろうか。伊波はその後「IWA」と発音されるようになるので、あるいはアルファベットで表記すると「I-HWA」ないし「I-PWA」くらいの発音でなければ後世の変化は説明できないのではないか。もしくは、英語にもあるWHATの「WHA」のような音か。WAとHWAないしPWAは今も当時も聞いて異なる音なので、当時、既に「岩」を伊和と発音した人と伊波と発音した人が混在したと言うことか。当然、伊波が標準語で伊和は方言と言うことかと思う。しかし、播磨国には古代にも揖保郡とか揖保川があったようで、読みは「いひぼ」となっている。播磨国風土記ではご丁寧にも葦原志挙乎命(大国主命の別名)が粒丘(いひぼをか)まで来て食事をしたら口から粒(いひぼ)が落ちたと言う起源説話を載せている。また、粒山(いひぼやま)があってそれからとも。しかし、これは後付けの理論ではないか。播磨国風土記印南郡大国里に「伊保(いほ)山」(古代採石場跡という。イホはイハのことであり、岩山のことと思う。但し、イホには諸説あり)とあり、揖保も始めから「イボ」ないし「イホ」と読まれていたのではないか。揖保(イホ)」はおそらくその前は「イハ」と発音されていただろうから、播磨国には「岩」を「イハ」と発音した集団(天日槍命系か)と「イワ」と発音した集団(伊和大神系か)が混在したのではないか。棲み分けとして揖保郡を分割して揖保郡と宍粟郡にしたというのが真相か。標準語系の「イハ」が方言系の「イワ」を山奥に追いやったと言うことか。
 いずれにせよ伊和大神と天日槍命の争いは大和の西進とは無関係ではなく、当時の中央政府(大和国)の石材工事の中心勢力は但馬、因幡の石工と考えられる。ちなみに、野見宿禰は出雲国の出身と言われているが因幡国の出身であろう。また、「土師(部)職」を与えられているので「土」 の文字から連想すれば古墳築造の際も墳丘等の大型土木工事を行い、内部の石棺、石室工事は但馬の人が行ったのではないか。(但し、石棺・石室の制作は尾張の石作連が行ったという説あり)よって、伊和大神(播磨国系、方言系)と天日槍命(但馬国系、標準語系)の争いは当時の産業の礎とも言うべき石材をめぐる争奪を連想させる。あるいは、この話は日本書紀にある景行天皇の九州遠征途次の話かとも思う。伊和大神は東からは大和に、西からは吉備にと挟撃され、劣勢ながらもある程度の地歩は確保したのではないか。要するに、大和王権は地方のおいしいところは大和に、まずいところは地方にと棲み分けたのであろう。
 最後に、「播磨国風土記」の伊和大神と天日槍命との説話は、記紀の記述に照らし合わせてみると、垂仁天皇の御陵を築造するのに際し、石材の不足を来して天日槍命一行が必要な岩石を求めてあちこちへ出張した様を描写したものではないか。また、前方後円墳築造初期にはあるいは渡来人の指導ないし助言を受けていたのかとも思われる。なお、垂仁天皇陵の築造に際して天皇が未だ存命かどうかは不明。しかし、魏志倭人伝の卑弥呼女王の墓は死後に築造されたとも思われる記述があるので崩御後の話か。また、記紀によれば天日槍命は新羅の王子となっているが、彼の子息達が対中外交で活躍しているところを見ると半島を経由してきた中国人であろう。もっとも、「天日槍」とは満蒙系の日光感生型伝説を擬人化したものとの見解もある。言われてみれば、記紀の天日槍の話を三文字(漢字)で表せば天日槍とでもなるのかなと思うが、魏志倭人伝に言う帯方郡にいた中国人の官人、軍人、商人、工人などのうち日本(倭)に来た人がいたのではないか。実名はともかく「そんな人はいなかった」とはならないのではと思う。また、天日槍の話は古事記では応神天皇の段に、日本書紀では垂仁天皇の段に記述がある(ほかに播磨国風土記では神代の事とする)ので、天日槍が、いわゆる、前方後円墳草創期(例、箸墓)に来たのか、はたまた、前方後円墳全盛期(例、応神陵、仁徳陵)に来たのか、論をする人がいるが、古事記では「また昔」の前置きがあるので垂仁期に来たと考えていいのではないか。そもそも、応神朝にやって来た渡来人は、応神天皇(この場合は、誉田別)が10年余りにわたって韓半島に駐在し好太王と戦った戦利品として人、物を連れ帰り、あるいは、持ち帰った為ではないか。記紀は何回かに分けての来訪を記すが、老若男女を問わず技能保持者は積極的に連れて来たのではないか。また、作業効率のいい土木作業員や土木技術者も連れ去りの対象であり、その人達が応神陵や仁徳陵のような大規模御陵を築造する際の原動力となったのではないか。韓半島出兵で疲弊している日本人だけでは少々無理だったのでは。筑紫の胸形大神が工女等を乞うたので兄媛なる人物を奉ったというのも、九州北部には多大な迷惑をかけたのでサービスをしたと言うのであろう。ある意味、戦争が日本に技術革新をもたらした一例かも知れない。
広告
カテゴリー: 歴史 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中